スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

怯えながらのインド入国! !ndian嘘つかない。 

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。




ヤンゴンで
インドビザをゲットした私たちは、
また30時間かけてバスでバンコクに戻り、
バンコクからインド(コルカタ)に
飛ぶ事にした。


理由。
安いから(*´∀`*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



30時間かけてって軽く書いているけど、
やっぱり30時間の移動は
だーーーいぶ疲れます(;´Д`)


あたし飛行機好きなのかな。
久々の飛行機に
だいぶテンションアップして
4時間前に空港に着いたけど
時間足りなかった。


ただ、
この日のあたしはいつもと違った。

なぜなら、

 インド

に入るから。


「バックパッカーの聖地」
とも言われているインド。

バックパッカーでインドに行かない人は
ほとんどいないんじゃないでしょうか。



そんなあたしは初インド。

過去に2回インドに行っている百太から
それは恐ろしい前情報を聞いていた。


・汚い
・道はほぼ整備されてない
・道にうんちは当たり前
・嘘つきが多い
・ぐいぐい割り込んでくる
・ずっとついてくる(絡まれる)
・野良犬と野良牛の数がハンパじゃない
・クラクションがうるさすぎる


百太以外からも、

・宿の部屋まで入ってくる
・スリ等は当たり前
・99%の確率でお腹下す
etc…

他にも沢山。
マイナスな前情報を挙げたらキリがない。


だから「好き嫌いがハッキリと分かれる」と。


そんな情報を聞いて怯えない訳がない。

今までいた東南アジアとは
雲底の差だから。


ドキドキしながら飛行機に乗り込み、
2時間30分のフライトを終え
夕方に到着。

ついにインドだーーー!!!
IMG_4639.jpg


「コルカタ」は
バングラディッシュ寄りの
東にある都市。

あたしは子犬のように怯えていた。


ただ。
空港はめっちゃキレイで。

街が汚いのがあまり想像出来なかった。


イミグレで、
「ここにスタンプを押して下さい(*´∀`*)」
と言うと、
笑顔で指定した場所に
スタンプを押してくれた。


おぉぉぉ。
押してくれるんじゃん(*´∀`*)




プリペイドタクシーのチケットを購入して。
いざ空港の外へ!!!


あれ?
イメージとは異なる
キレイなコーヒー屋さんがあるぞ?

そこの店員さんに、
恐る恐るライターを借りてみる。

すると笑顔で貸してくれた。
その後、彼はまた仕事に戻る。


あれ?

絡まれない。
ついてもこない。
お金も要求されない。



タクシーに乗り込み、いざ宿へ!
IMG_4640.jpg

写真でもお分かりの通り。
まず道がキレイ。

街並を眺めていても
電飾がキラキラと輝いていて、
ビルがたくさんある。


野良牛なんていないし、
道はずっとコンクリートのまま。

道にうんちなんて落ちてない。


東南アジアの都市で例えるなら、
電飾の使い方はホーチミンのようだ。



あれあれ??



タクシーは順調に進んでいたけど、
宿を少し通りすぎてしまった。

今までのタクシーは、
近くだったらそこで降ろされ、
その差分は歩くのが普通だったりする。


すると、
その運転手はわざわざ戻って
宿の目の前まで連れて行ってくれた。

丁寧に荷物までちゃんと降ろしてくれる。



あれあれあれ???



何かが違う。
まだあたしが想像しているインドじゃない。



あくる日。
初めてバスに乗ってみた。

コルカタのバスは
レディース専用シートがある。


あたしがバスに乗り込むと、
レディースシートに座っていた男性が
席を譲ってくれた。


え?
レディースシートではあるけど・・・
譲ってくれるの??


その後百太も、
現地の人に席を譲ってもらっていた。



あれあれあれあれ????



とにかく、
人が親切すぎて衝撃を受けた。



道を聞いても、分からないときは
分からない」とハッキリ言う。


嘘ついてないやん!
正直やん!



ものすごい覚悟をしてインドに入ったのに、
拍子抜けてしまった。



プチ洗礼といえば、、、


その①
飛行機の後ろの席に座った子供が
あたしのシートの窓を勝手に閉めてきた。


やっぱり・・・
こういうことを勝手にやってくるんだ

と思ったら怒る気が失せた。


その②
あたしはいつも小さなライトを
キーホルダーのように
バッグにつけて持ち歩いている。

歩いていたら。
小学生位の年齢の女の子が寄ってきた。
あたしのライトに気付くと
「Light please!!!」
とあたしのライトを取ろうとしてきた。

さすがに子供相手なら大丈夫だろうと
無視して歩いていると。

そのライトを取ろうと
ものすごい力で
バッグから外そうとしてくる。


「No! No!」と言うと、
「No! No!」と返される。


マジか(,, ゚Д゚)


いい加減しつこいから
力ずくでその子の手を離そうとしたら。
力が強すぎて離れない。


半ば強引に手を離そうとしたら、
お父さんみたいな人がその子を怒鳴り、
逃げて戻っていった。。。

小学生の力、舐めたらダメだね。


その③
ペットボトルのコーラを持ち歩いていたら。
3歳くらいの子供が寄ってきた。

それはそれは強い力で
コーラを奪おうとする。

「No!No!」と言っていると、、、
足に抱きついてきた。

子供も必死だ。


抱きつかれたあたしは
なぜかこう思ってしまった。


か、可愛い・・・(〃∇〃)


ぐらつきそうになったけど、
心を鬼にして、振り切った。




そんな拍子抜けな感じで始まったインド。

おそらく、
あたしのようなインド初心者は
コルカタがオススメかもしれません。

心折れずにインドに入れます。笑



さて。
ここでの目的は、

「マザーテレサ・ボランティア」

に参加すること!



これからよろしくね、
インドちゃん。



マハロ♪




~ランキング参加中です~
ついにインドにインしました!

あれ、インド楽勝じゃん〜
って思ったあなた。
ポチッとお願いします(*´∀`*)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪



【関連リンク】
インドで病気になった時のお助けアイテム記事はこちら

タイのバンコクでインドビザが取れなくなっていた話

【インドビザ取得 inミャンマー前編】これさえ見れば分かる!

【インドビザ取得 inミャンマー 後編】これさえ見れば分かる!

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。