スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

サハラ砂漠ツアーのラクダは前がベテランのようです。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


ラクダツアー開始直前に襲ってきた雨と砂嵐。


詳細は前回日記で。
サハラ砂漠でファッションカリスマになる。



これは18時出発は無理だろう・・・
と半ば諦めのんびり準備していました。



↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


すると、出発時間を分かっているかのように雨と砂嵐はピタっと止まりました。
まさかの、定刻通りの出発のようです。
※ツアー情報は最後に書いてます


これは・・・違う意味で困りました。
なぜなら、私が時間ギリギリ系旅人だから。


案の定、私が集合一番最後。。。
雨と砂嵐で、完全にのんびりモードのスイッチが入ってしまったようです。


意外だったのが、時間にしっかりしてるモロッコ人。
数分前からせかされてました。ゴメンナサイ!




さてさて。
ついについに!
念願のラクダさんです。
一番最後に来たからなのか、一番前のラクダに乗ることに。


ラクダさん、砂嵐の中でもしっかり待機しててくれたようです。
01-IMG_3762.jpg

もうすでにかわいい。。



ガイドの人がラクダを引いていざツアースタート。
08-P9010339.jpg
こんな感じで歩いていきます。

メンバーは日本人3人とブラジル人1人の合計4人。
さすが閑散期!少な!



ラクダのゆったりとした足取りの中、砂漠に入っていきます。
このテンポが妙に砂漠にマッチしていました。

07-P9010335.jpg


無限に広がる砂。
まるで世界の果て。
こういうのを見るたびに、地球には色んな世界があって景色があるんだなぁと思い知らされます。
自分の知らない世界がまだまだたくさん。


そして、世にも奇妙なことが。
4頭だった私たちのツアーのラクダ。
途中5頭に増えてました。
でも、気づいたらまた4頭に減っていたのです。
ままま、摩訶不思議。



今度はチャリで颯爽と走り抜ける少年を発見。
02-IMG_3769.jpg

砂漠をチャリなんてすごいなーって思っていたら。


03-IMG_3771.jpg
途中からひいてました。
そりゃこの砂の中無理だよね。


途中、ラクダ兼人間の休憩がありました。(主にラクダ)
そこではガイドさんが写真を撮ってくれたり、降りて歩くことが出来ます。

04-IMG_3777.jpg
ラクダさん、お疲れモード。


ラクダさんが休んでる間、私たちは写真撮りまくってました。
が、諸事情により写真は一切ありません。


雨が降ったおかげで、砂が舞うこともなく、こんな幻想的な砂漠が広がってました。

09-P9010346.jpg



出発から1時間半ほどし、今日の宿泊場所に到着。
19-P9010499.jpg
ここにはベッドが置かれているテントが完備されていて、トイレもあります。
なんて豪華!


ラクダの乗り心地が良かった私に反し、疲れ切っている百太。

「ラクダめっちゃ動くしお尻と足痛いし、明日俺大丈夫かな・・・」

お尻の形とコブの形と暴れ具合と、、、きっと色々相性があるのでしょう。



日が暮れるまで少し砂漠で遊んだ後はタジン鍋でディナー。

05-IMG_3792.jpg
この敷地内にキッチンがあって作ってくれてます。

噂で聞いてはいましたが、それはそれは結構な量で、見事に食べきれませんでした。
味はさっぱり系のタジン鍋で、美味しかったです!



ご飯中、さっき起こった世にも奇妙な出来事を百太が話しました。


「ラクダ4頭だったのに、途中5頭になって、また4頭に減ったんですよ!」


すると、一緒に参加していた日本人女性が驚愕の一言。



「それ、私の専属カメラマンだよ。」



百しょう「ウソっΣ(゚д゚lll)!!!」




専属カメラマンは、彼女のラクダに乗っている姿を撮るだけの為に、ラクダに乗っていたのです。
(しかも途中で退散)
詳しく聞いてみると、この女性は15日間モロッコを旅する予定で、移動は全て専属ドライバーがついているとのこと。

普通は人数集めして参加する4WDで行く少数民族を巡るツアー(約1万円)も1人で参加していました。



貧乏パッカーな私たちとは世界が違いすぎるのに、、、同じツアーにいる不思議。




食後、少し離れた場所で上を見るとすごい星空!!!
砂嵐の後なだけに、みんなでワーワー!って言ってると、

「これからショーするから戻って!ホシハアトデ!!」

と言われ、しぶしぶ戻ります。笑


その後ガイドさんの音楽を聞きながら宴大会・・・のハズだったのだけど。
参加者が4人しかいない中で途中離脱が増え、最後はお話大会になってました。


この付近はベルベル人と言われる先住民族が多く住んでいて、その多くは無宗教なのだそう。
言われてみれば、近くにモスクなどは見当たりませんでした。
(散歩してないからそう見えただけかも。。)


“ベルベル人はFreedom!!!”


ガイドさんの1人は何回もそう言ってました。


イスラム教に対してどう思ってるかは聞けませんでしたが、この発言で何かを感じ取るのでした。



おひらきになった後、私たちは外にあるマットで寝ることに。
(室内のベッドでも寝れるし、外のマットでも寝れます)


砂漠の夜風を感じて、星空を眺めて寝たい。


毛布にくるまりながら1時間に1回目覚ましをかけて起きてましたが、ショー前に見た星空が一番キレイだったなんてガイドさんには言ってないし、あの時急かされたことを恨んでなんていません。笑


でも、星を観ながら寝るなんて、星好きには最高に贅沢な体験でした。
目を開いたらたくさんの星が見えるなんて。
目瞑ってたけど、瞑るのがもったいなかった。
百太とはきっとくだらない話しかしてないと思うけど、あの夜のことは忘れないだろうな。



スポンサーリンク





翌朝。
朝日を見るために早起きです。

10-P9010382.jpg
改めて砂漠の大きさを思い知ります。


砂漠に草が生えてるのには驚きました。
12-P9010476.jpg
すごい生命力だなーこの草たち。


日の出前から待機はしていたものの・・・
この時期、季節の変わり目で天気があまり良くないらしく、朝日は雲に隠れて見ることは出来ませんでした。
13-P9010496.jpg/br>


7:30。
ラクダに乗ってまた宿まで帰ります。
すると、遠くで雨が降ってたのかの姿が!!!
15-P9010516.jpg
朝日は見れなかったけど、これは嬉しい( ^ω^ )



そして、ラクダツアーお決まりの写真。
16-P9010526.jpg
虹と影。



帰りは違うラクダ(3番目)に乗ったのですが、まぁ暴れん坊のラクダちゃんでした。
どうやら、今回のラクダ、前がベテランのラクダで、後ろに行くほど経験が浅いようです。
(どのラクダもそうなのかは分からないですが、一応参考までに!)


私が初日一番前に乗ったラクダちゃんは安定感抜群でした。
揺れないし、乗ってて疲れることもなく、片手離して写真も撮れるくらい。
百太と女性は手離せるのが信じられないって言ってました。
確かに3番目はめちゃくちゃ暴れん坊だったからね。。


だけど何より一番後ろのラクダはまだツアー参戦3回目だそうで、それに乗っていたブラジル人は動きと痛みに耐えかねて、ついに途中で降りました。笑
それを ”俺も降りたい・・・” と羨ましそうに見る百太をクスクスしながら見ている私。



ちなみに私が帰りに乗ったラクダちゃん、何回か口に咥えさせられている紐を外してました。
18-P9010566.jpg

普段は暴れん坊なのに、紐が外れた途端一切動かなくなりました。
それはもう微動だにしません。
動かないぞっていう固い決意を感じました。

いかに紐でイヤイヤ引っ張られて動いているかが分かった瞬間でした。笑



今回のラクダツアー、星も雲に隠れ気味で朝日も見れなかったけど、この空間に来れたことに、ラクダに乗れたことに大満足!
時間があればもう1回参加したかった。
次は天気のいい時にね。



いつかまた来たい場所の一つとなりそうです。



マハロ♪



~ランキング参加中です~

最近、櫛通りが非常に異常に悪いです。
半年くらい購入してなかったけど、ついにリンス買う決意しました。

応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

スポンサーリンク



------------------
【現在34ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストルモルドバ②ルーマニアセルビアボスニアセルビア②コソボスロバキアオーストリアチェコスロベニアイタリアスペインアンドラスペイン②モロッコ
→:空路
⇒:陸路
-------------------



<サハラ砂漠ツアー情報 夏ver.>
リアドマムーシュのフロントで予約。当日予約も可でした。
夏は18時〜の開催です。
ツアー代金は350DH/1人 (夕食・朝食付)
でもHPのクーポン画面を見せるor言うと300DHにしてくれます。
(多分、クーポンの存在を知ってれば300DHになると思う・・・)



【関連記事】
モロッコ編
久しぶりのアフリカ大陸で殺伐とした場面に遭遇した話
↑フナ広場で写真を撮る時は要注意!

数々の映画の舞台となったあの世界遺産で モヤッ とした!
↑アイト・ベン・ハッドゥに行く時は予習が大事。

激痛に耐え辿り着いたら、遊牧民に【投石】された話
↑トドラに住んでいる遊牧民に会ってきました。

【LOOK FEEL FREEDOM】トドラの日本人宿 アーモンドが快適すぎて思わず長居してしまった件
↑ステキな出会いと宿に感謝♡

サハラ砂漠でファッションカリスマになる。
↑百太がファッションカリスマになったらしい。


にほんブログ村
↑他の世界一周人気ブログもチェックできます!


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。