スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

blog続けててよかったの出会い。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


オリンピックのニュースで日本の活躍を見ると嬉しくなりますね。
こんなにオリンピックを見れないオリンピックは初めてです。
毎回毎日TVにかじりついてたんだけどな。
なんてことをスチャダラパーの”今夜はブギーバック”を聴きながら書いてます。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


首都プリシュティナからプリズレンにやってきました。
<プリシュティナからプリズレンへの行き方は最後に書いてます!>

逆ヒッチハイクで運転してくれた彼も「コソボに来たならプリズレンはマストだ!」と言っていた場所。

プリズレンの宿では、到着して早々心地が良すぎて、初日に延泊を決めました。
心地が良いと後先考えずついつい長居してしまう。




そんなプリズレンで過ごしていたある日、宿で朝食を食べていたら1人の女性がスーパーの袋を持って入り口から入ってきた。
日本人の女性だった。

そんな大きな宿ではないけど昨日見かけなかっただけかな~?なんて思って話を聞くと、前にこの宿に宿泊していて、今朝、滞在しているアルバニアのティラナからバスに乗ってわざわざプリズレンまで戻ってきたそう。


驚いたのは、ここに戻ってきた理由だった。



“気になってた野良犬の様子を見るため”



宿の入り口近くには野良犬がいる。

私も滞在初日から見かけていた犬。
体調が悪そうな野良犬がよく寝ていた。

立ち上がっても息がぜいぜい苦しそうだし、年を重ねただけじゃない何かがあるんだろうなっていうのは素人目な私でも感じていた。

少し心配になってはいたけど、でも、”野良犬の中の1匹”に過ぎなかった。
どうしてやることも出来ないというのが本音のところだったから。


でも、彼女は違った。
滞在中も気にかけていたのはもちろんだけど、ティラナからわざわざ戻ってきたのだ。


「コソボにはペットフードが売ってないから、ティラナで買ってきたの」


彼女が持っているスーパーの袋には、野良犬のために買ってきたペットフードや食材がぎっしり入っていた。


「本当は病院に連れて行きたいけど私もそこまで時間がないし、宿のオーナーもゲージがないと連れて行けないって」


最初、自分が病院に行くことができないからって、宿のオーナーに50ユーロを渡そうとしていた。


50ユーロ。


日本にいる時でも決して安くはないお金。
旅に出てる今、日本にいる時以上に貴重なお金だ。
彼女だって今旅してる。
それを宿の前で出会った野良犬のために使おうとしていた。


その時、自分だったら同じこと出来るかなって考えた。


けど・・・
きっと今の私には情けないけど出来ない。

そして出来なかった。
理由はお金だけじゃないけど、結局、私は滞在最終日までその野良犬に何もしなかった。


だけど彼女は、宿に着いてから帰りのバスに乗るまで、ずっと犬につきっきりだった。
ずっと。


考えさせられるの出来事っては、海外に旅に出て歴史を、文化を知ることだけじゃないなって思う。
海外にいたって日本にいたって、相手が外国人だって日本人だって同じだ。
日々勉強。
日々成長。


スポンサーリンク





彼女の名前はサチヨさん。
同じく世界を旅している。


犬の話以外にも旅の話をしたり、覚えておくといいよ!というスペイン語などを教えもらったりしていた。


そして話題はアルバニアの話へ。

「アルバニアってバス停がなかったり、時刻表なかったり、本当にすごいですね。。」

「わかりますぅ〜!」

ガールズトーク特有の発言と言われている「わかるぅ〜」を心の底から使っていたのだけど。
アルバニア名物シーフードリゾットの話になった時に異変が起こった。


「シーフードリゾット食べようと思ったけど、宿で教えてもらったレストランに行ったらなかったんですよ(・Д・)ノ」


「あーもしかして、読んだblogに書いてあったんですけど、宿の人に教えてもらいました?」


「そうですそうです!」


「そのレストランって、Aなんとかですか?」


「確か・・・そんなんだった気がします!」
(お店の写真探して見せる)


「え、ってゆか、blogやってます?」


「やってますよ!」


「なんて名前ですか?」


「百太&しょうの・・・」


「わーーー!アルバニア行く時参考にさせてもらってたんですーーーー!!!」




「・・・((((;゚Д゚)))))))!!!」




「(興奮気味)ももももも、ももちゃん呼んできます!」




なんと、ブログを参考に読んでくれてた方に出会えたのです!!!!!!
しかも、移動に関係ないちょっとした小言までちゃんと読んでくれてたりして(T_T)


参考にしてくれたとか、照れくさいけど本望というか、なんというか。
嬉しくて嬉しくて。



blogやっててよかったーーーって心から思った瞬間でした。


ぬぁぁぁぁーーー!
ありがとうーーーーー!!!




マハロ♪



~ランキング参加中です~
この小言欄に書いていた、ティラナのレストランで私が食べたサーモンパスタ、サチヨさんも食べてくれたそうです。
いやもう嬉しいよ。

応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪


<プリシュティナからプリズレンへの移動方法>
プリシュティナのバスステーション
IMG_4304.jpg

プリシュティナからプリズレンまでは、1時間に2,3本の頻度で多数出ています。
複数の会社がありますが、どの会社も一律4ユーロです。


所要時間は、1時間45分~2時間程度

プリズレンのバスステーション
IMG_4305.jpg

------------------
【現在26ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストルモルドバ②ルーマニアセルビアボスニアセルビア②コソボ
→:空路
⇒:陸路
-------------------


関連記事
↓コソボで初のヒッチハイクに挑戦しました。
初めてのヒッチハイクに挑もうとしたら、予想外の結果が待っていた
予想外の結末 〜初めてのヒッチハイク編〜

↓プリシュティナ散歩。
プリシュティナの夕日が綺麗だったので。

↓この付近は近代歴史において色々あったので、考えさせられることが多いです。
プリシュティナ観光と、コソボ紛争の両方の当事国へ行き複雑な気持ちになった話

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

私は海外旅行の経験も予定もないから、こういった出会い話が羨ましいです(´・ω・`)そして、広い世界で出合えるなんてすごいな〜もしかして世界は狭いのか!?なんて思ってます。

さーさん

コメントありがとうございます!!!

全て個室なホテルだとなかなかこういった出会いってないんですが、ドミトリーがあるホステルタイプの安宿だと出会いって結構あったりするんですよ( ^ω^ )
世界一周してると、ルートが似てたりして、違う国で偶然再会なんてこともあります。
世界は広いっていうのは分かっているのに、その時ばかりは狭いなぁ〜って思っちゃいます!
ただ、今回のは今までなかったのでめちゃくちゃ嬉しかったです!!!
終始ニヤニヤしてました!笑

No title

はじめまして。こんなことってあるんですね。
ブログを見ていた人に出会うなんてe-2もう、びっくりです。
私には、絶対行けない国ばかり。楽しく拝見させていただいてます。

No title

旅には、いろんな楽しみがありますね。
そんなスプライズはいいですね。
なにごとも続けることが大事ですねえ。

ななしさん

はじめまして!コメントありがとうございます!!
返信遅くなってしまってごめんなさい。
やっとWi-Fi繋がりました!

本当に!!出会うことってあるんですね!
あの時の興奮&感動は忘れることはないと思います。

読んで頂いてありがとうございます( ^ω^ )
相当小心者の私が行けたのでななしさんもきっと行けますよ!
(と言いつつ若干百太頼りなところはありますが・・・)
あと、特にヨーロッパはいやらしい意味じゃなく女性に優しい人が多いので、旅行しやすいと思います( ^ω^ )
いつも百太がブーブー言ってます。笑

ここんとうざいさん

コメントありがとうございます!
Wi-Fiがなく、返信が遅くなってしまってごめんなさい。

本当です。
色んなことを思えて学べることって大人になると減ってきちゃうので、すごく貴重な体験だと思ってます。
と同時に大人になってないなぁ〜と反省させられることもよくありますけどね。笑

素敵すぎるサプライズでした!
続けることって本当に大事なんだなって心の底から思いました。
ここんとうざいさんこそすごいです。
blog1個だけじゃなく複数も更新していて・・・本当に尊敬します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。