スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

百太、サラエボでアイツに襲撃される。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


ヴィシェグラードでウェディング撮影を終えた私たちが次に目指すのは、首都サラエボ。

ここでちょっとした事件が起こるのです。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ヴィシェグラードからサラエボへはバスで向かいました。
行き方は・・・今回たいして情報ないのですが、最後に記載しますね。

なぜ情報がないのかというと、
私たちもこんな状態だったからです。
1-IMG_1826.jpg
待ちぼうけの図。

もはやバス停でもなんでもありません。
ただの道です。
宿の方から教えてもらった情報を元にここで待ってたのですが、この状態で1時間半待ちました。
この時はまだ木々の恩恵を受けて日陰があったのですが、バスが到着する頃には太陽を肌で感じていました。

き、気持ちいいー´д` ;


汗だくになりながら乗ったバスですが、この移動で何が素晴らしいかって、景色!
ヴィシェグラードは結構田舎だからなのか、出発してからすぐにこんな景色が待っていました。
6-IMG_1965.jpg
バスから撮ったからまともに撮れてるのこれしかなかった。。

はぅ。癒されるー。

車だったらこの絶景の場所で一旦止まってただろうなぁ。
今回はバスなので、決して戻ることの出来ないこの景色を噛み締めてました。
冬に一度訪れたバルカン半島に戻ってきた私たちですが、やっぱりこの半島の景色はモンテネグロしかり、アルバニアしかり、絶景が多い!


2-IMG_1850.jpg
バルカン半島ではよく羊の放牧を見ます。



サラエボに到着したら早速お散歩。

サラエボの中心部はとっても面白くて、

3-IMG_1897.jpg
オープンカフェやらジェラートやらが立ち並ぶ、建物もとってもヨーロッパっぽい雰囲気のメインストリート。

と思ったら、

5-IMG_1927.jpg
こちらは旧市街。
気持ちトルコっぽい雰囲気。
トルコでよく見たチャイグッズも売られていました。

移動時間、約5分。
5分あればこの両方の雰囲気を味わえちゃうんです。


このトルコの雰囲気は、オスマン帝国時代の名残なのでしょうか。


旅に出るまでは、なんでトルコ料理が世界三大料理なんだろうって疑問に感じてました。
トルコ料理ってトルコでしか食べられてないと思っていたから。


でも、全然違くて、バルカン半島ではトルコ料理やトルコ料理をアレンジしたものがいっぱい。
キョフテをアレンジしたものとか、ギュロスとか。
オスマンすごいねーってよく話してました。笑


あと、最近世界の標識に興味あって撮ってるのですが、ボスニアでこんな標識を発見。
4-IMG_1912.jpg

かかか、感電ですか?
漫画に出てきそうなビリビリ感。
こんなビリビリ感溢れる標識は今までみたことがありません。
髪の毛までちゃんとビリビリしてます。

サラエボに行くのが怖くなってしまったあなた。
大丈夫です、サラエボの道で感電することはないので、安心してください。



そして、ここサラエボで百太がある事件に巻き込まれる・・・


スポンサーリンク




サラエボに来て数日。
百太が不安げな顔で話しかけてきた。


「何かに刺されたんだけど、これ何だと思う?」


百太に見せられたのは腕だったのだけど、蚊に刺されたらよくある腫れ方。

「蚊じゃない?ももちゃん昔からよく刺されてるからね〜」

なんて笑って終わっていたのだけど。


その翌日。
「ねぇねぇ、なんか腫れがヒドくなってない?背中も足首も太ももも痒いよ(´・_・`)」


蚊でそんなにー?と思いながら腕を見せてもらったら、明らかに昨日より腫れがひどくなっていた。
(ほんのちょとだけグロいかもしれません。見たくなかったらスクロール!)

7-13552715_1143398419043889_262172606_n.jpg

な、なんか・・・
男性の乳首みたい(・∀・)
と一瞬思ったのは今まで内緒にしてました。


何に刺されたんだろうか。
ダニにしては刺され方が大きいしなぁ。


となると、アイツを疑う。
安宿に泊まる長期旅行者の中で一番恐れられていると言ってもおかしくないアイツ。
ちょうど、ウクライナで盗難被害にあったマナミちゃんもやられたアイツ。



最初は疑いだったけど、徐々に確信に変わっていった。



そう。
ズバリ、


南京虫。


ヒャーーー


そうなんです。
事件とは、
サラエボ南京虫襲撃事件のことだったのです。



「南京虫」って知っていますか?
wikipedia様の情報によると、南京虫は吸血性の昆虫で成虫は5-7mmくらいの大きさに。
つまり、昆虫というくらいだからダニとは違い、肉眼で見えるということ。
そして暗くなると行動を開始するらしく、寝ている間に刺してくる。
何がやっかいかって、一度刺されると2週間くらいは激しい痒みが消えない(痒み止めは効かないらしい)、さらに刺された痕がしばらく残るという、蚊とは比べものにならない程の威力を持っていることだ。

南京虫についてもっと知りたくなってしまったあなたには、詳しく書かれてるブログを見つけたので貼り付けておきますね。
daiki55.comさん <ベットに棲む怪物「南京虫」に身体中100カ所くらい刺された結果>


南京虫は身体中30ヶ所くらい刺されることが多いってよく聞くけど、百太の場合、部分部分の刺され方でした。


ヨーロッパ入ってから、南京虫にやられてる人に結構出会うんだよなぁ。。。
アジアよりも出会ってる気がする。
冬でも刺されてた人がいたから、南京虫の生命力はゴキブリを超えてるんじゃなかろうか。



結論。
アフリカ以外で刺されるのはもう刺されやすさでしかない!
同じ部屋にいた私は刺されてないし。


ヨーロッパで安宿に泊まられる方は注意のしようがないと思うので、ただただ祈りながら眠りについてくださいね。


嗚呼。私も明日は我が身。




ちなみに。
私は留学時代、一晩で足元だけ30ヶ所程蚊に刺されたことがありました。
(原因は足元にビールをこぼし、それを放置したまま外で飲んでいたから・・・だと思う)

所詮蚊です。
子供の頃から刺されてるからどんな痒さかも理解しています。
南京虫に刺されてないから分からないけど、きっと月とスッポンの痒さの違いでしょう。


だけど、
暑さと湿気が追い打ちをかけて、痒すぎて痒すぎて2〜3日授業に集中できませんでした。
起きている間はほぼずっとかいてたと思います。



夏のこの季節、蚊が多いところでビールは絶対に足元にこぼさないでくださいね。
こぼしてもすぐに洗ってください。
本当に本当に痒くて辛いので。



マハロ♪



~ランキング参加中です~

百太の痒みは意外にも1週間程度で引いたらしい。
よく南京虫に刺される人に出会ったので話を聞いてみると、
「それは弱い南京虫だね。」
とのこと。

勉強になります!

応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

------------------
【現在25ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストルモルドバ②ルーマニアセルビアボスニア・ヘルツェゴビナ
→:空路
⇒:陸路
-------------------



関連記事

【もうすぐ1年】ついに共通語を発見しました!!
↑世界共通の言葉ってあるんだなぁ・・・

世界一周!新婚旅行ウェディングフォト 25ヵ国目ボスニア・ヘルツェゴビナ【ドヤ顔の仁王立ち】
↑早速ウェディング撮影してきました!



<ヴィシェグラードからサラエボの行き方>

今回情報が少なくて申し訳ないのですが・・・
移動手段はバスしかありません。
この街には数ヶ所、バス停とはいえないただの道のバス停があるのですが、一番わかりやすいのは
「ソコルル・メフメト・パシャ橋」近くの場所。
(今携帯からPCに画像を取り込めない現象が起きていて、地図なくてごめんなさい)

時間も宿の人に聞いた時間には全く来ず、1時間半以上待ちました。
私たちは結局14時過ぎに到着したバスに乗りましたが、宿の人に最新情報を聞いた方がいいと思います。



スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

百太さん、大丈夫ですか?24時間強烈な痒みに堪えているとかだと相当キツそうです。。
南京虫、恐るべし攻撃力だ。。
日本では昭和後半に制圧されたようですが来日客の増加などで再び見られるようになったとか。
いい薬があると良いんですけどね。

かめ吉さん

コメントありがとうございます!!!

百太は大丈夫です!
比較的弱い南京虫(想定)に加えて、百太は痒みに強いらしく、思ったよりかは普通に過ごしていました。
今は治ったんですが、今度は同じ場所に違う虫に刺されたようです。笑
美味しいんでしょうか?

最近日本でもまた増えてきているみたいですね・・・。
調べれば調べるほど攻撃力と生命力の強さに恐ろしくなります。。

私たちが帰る時には持ち帰らないようにします!笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。