スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

写真撮影禁止の場所で撮影してきた話と、俺が思った事。

スポンサーリンク


ごきげんよう!百太です。

今回は、新たな国、24ヵ国目のセルビアのベオグラードでのお話。

あれ!? セルビア行ってなかった!?
と、気づいてくれる希少なファンが居ると信じ、簡単に説明を。

2月頃、ハンガリーからノルウェーへ飛行機で行くため、セルビアを通った。
しかしフライト日まで期日がなく、一泊もせず、観光もせずそのままハンガリーに抜けてしまった。

という事で、実は2度目だけど改めて24ヵ国目、セルビアのスタート!!


ランキング参加中です
応援してくれる人は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援クリック有難う御座います(^-^)



まずは恒例の国旗紹介。

Flag_of_Serbia.jpg
-------------
セルビアの国旗(セルビアのこっき)は、汎スラブ色の赤、青、白の横縞3色を配色した国旗。
政府庁舎などに掲揚される公式旗では、旗ざお寄りに国章が配置される。2010年旗に国章の意匠が変更された。
国章の無い旗の上下を逆にすると、ロシアの国旗とほぼ同じものになる。
-------------
by ウィキペディア



セルビアのベオグラードといえば、コソボ紛争を思い出す人も多いかと思う。
すごくざっくり書くと、コソボに住んでいるアルバニア人と、コソボの領土はセルビアの物だというセルビア人の対立。

そして対立を見かねたNATOが介入し、コソボ側(アルバニア人)に加勢し、1999年 セルビアを空爆した。


空爆されてから、まだ20年も経過していない。


ベオグラードには、そんなNATOに空爆されてしまったビルが、そのままの形で残されているという。

負の遺産として修復せずに残しているのだろうか。

詳細は不明だが、ベオグラードに行くなら見ておこうと思っていた。



カメラをぶら下げ、街を散策する。

地図アプリmaps.meで観光スポットらしい場所を歩きまわること1時間ほど。

爆撃跡が残されたビルのあるクネズ・ミロシュ通りに来た。



遠目からでも、空爆されたビルの下に軍服を着た人が警備しているのが見えた。

誤解を招かないようにカメラをカメラケースにしまう。

誤解を招かないように。。



さかのぼる事、数時間前。

持っているやや古めのガイドブック(12-13年)に目を通していると、

【空爆跡は撮影禁止】

との記載を見つけた。



詳細を読むと
2011年に観光に行った人の口コミで、
『写真を撮っていると、軍服を着た警備の方に撮影は禁止だと言われました。』
との事。



危なかった。



大使館や軍の設備などは屋外にあっても写真撮影禁止の場所もあるが、屋外で写真撮影禁止の場所は割と少ないと思う。

知らなければ普通に写真を撮影していただろう。
フェイスブックやブログで、写真を見かけたこともある。


最近は写真をたくさん撮影しているし、カメラに、そして写真に興味を持つようになってきた。
だけどもともと詳しいわけでもなく、持ってきているカメラも十万円以上するようなでっかい一眼レフではなく、型落ちを安く購入した小さいミラーレス一眼だ。

ちなみに最近新たな技を覚えた。

普通に撮影した小さな滝
P7010364.jpg

新たに覚えた流しての撮影。
P7010365.jpg

今ごろっ!?

と思う方も居ると思うけど、詳しくない人ってこんなもんだと思います(+_+)



滝とか川とかのポスター等は、流して撮影している物が多い気がする。

どちらが良いのかは人の好みによると思うけど、新たな撮影方法を知って、無性に滝を撮影したい今日この頃(笑)



話を戻すが、その程度のカメラ技術と知識しか持ち合わせていない俺。

撮影禁止の場所と知っていて撮影する事は絶対に無い。

カメラを持っているけど、ケースに入れ撮影する気はないですよ!とアピールしながら空爆されたビルの下まで来た。



外国人が来たからだろうか。

軍服を着た人がこちらを見つめている。

ただ様子がおかしい。

すごくにっこりと微笑んでくれている。

我らもニコッと返すと、軍服を着た人が近づき話しかけてきた。

流暢な英語を話す23歳だという彼。

日本人がたくさん来るという事を教えてくれたり
日本の物価や給料はどうだ!?等という他愛もない質問をしてきたり、さらにはビルの説明までしてくれた。

1999年にNATOに空爆されたが、今は修復をしている様だ。

やたらとフレンドリーな軍服を着た彼。

そしてふと思った。

多くの人が写真を撮影しているこの場所。
こんな近くに警備している人がいて、どうやって撮影したのかと。



「ここは撮影禁止だよね!?」



一応聞いてみた。



「問題ないよ」



聞き間違いかと思い、もう一度聞くが、



「写真撮影は問題ない」という



彼の目の前でカメラを出し、撮影してみたが、こちらを見てニコニコしていた。

持っているガイドブックが古かったから、情報も古くルールが変わったのか・・・
警備している人によって対応が違うのか。。。



詳細は分からず、ここからは俺の勝手な想像だけど

ガイドブックに口コミを投稿した人が撮影した時に「写真撮影禁止だ」と言った人は、空爆された現場に居たのかも知れない。

それとも自分の家族や、友人知人が居たのかもしれない。

この場所に悲しい思いがある人も多いだろう。

もしそうであれば、外国人が来て、写真撮影をしていたら嫌な気持ちになるのも分かる。



【負の遺産】



世界中には多くの負の遺産と言われる、忘れてはいけない事や物や場所が存在する。

そしてここはきっと忘れないように、あえて残していたんだと思う。



今後も負の遺産とされている場所に行くこともあると思う。

ルールがあるのであれば、それを守るのは当たり前だけど、
現地の人の気持ちを考え、見学や観光する事がとても大事な事だと思った。

きっとルール上問題ない場所だとしても、嫌がる人がいるならば、俺は写真を撮らないんだろうな。

と、そんな事を思ったベオグラードの空爆跡地だった。



P6210025.jpg


P6210040.jpg


P6210030.jpg


ちゃおっ!


ランキング参加中です
面白かった!役に立った!応援したい!と思ってくれた方は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

応援クリック有難う御座いました(^-^)

スポンサーリンク


------------------
【現在24ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストルモルドバ②ルーマニアセルビア
→:空路
⇒:陸路
-------------------

【おすすめ記事】
海外初の誕生日の記事
今日はしょうの誕生日 全3話 + アンサー記事1話
海外初の誕生日をミャンマーで迎えたしょう。日本では毎年祝っていたけど海外ではどうすれば!?

今日はしょうの誕生日 第1話 ~どうする俺!?~
今日はしょうの誕生日 第2話 ~どうするどうする俺!?~
今日はしょうの誕生日 最終話 ~こんなサプライズ~
今日は私の誕生日 ?百太の粋なサプライズと流れ星?


俺の誕生日 全4話 + アンサー記事1話
きっとしょうは俺の誕生日を忘れているでしょう(笑)そんな記事です。

俺の誕生日 【1話】 ~我ら夫婦はサバサバ系!?~
俺の誕生日 【2話】 ~色々折れる悪夢の一日~
俺の誕生日 【3話】 ~しょうの涙~
俺の誕生日 【最終話】 ~最後の手段~
生きてるだけでいい!!! ?それが故の結末?


マザーテレサのボランティアの記事
マザーテレサのボランティア 百太編 ~前編~
マザーテレサのボランティア 百太編 ~後編~
マザー・テレサのボランティア しょう編


初の病院へ 全3話
しょうが体調不良になり、人生初の病院を受診した時の記事です。
【初の病院へ】押し寄せる不安と後悔・・・ 前編
【初の病院へ】 医師に必要な事 (後編)
俺って優しいなぁ♪ ?百太の看病物語?


個人的に気に入っている記事3選
自分の小ささを知りました。 ~俺は彼を全力で応援します~
↑ぼっちシンガーことゆうき君と出会った時の記事
リアルに感じる 【死】 ~俺はもう助けられない~
↑すべての人に1度は読んでほしいと思っている記事
世界的に注目!の罠 ?コーヒー恐怖症?
↑しょうとの普段のやりとりが凝縮されたような記事です(笑)


世界一周新婚旅行ウェディングフォトはこちら!!
★祝20ヵ国記念★世界一周ウェディングフォトまとめ【未公開_NG作品付き】
↑20ヵ国目記念での、11~20ヵ国目までのウェディングフォトのまとめ記事

【まとめ】10か国記念 ウェディングフォト
↑10ヵ国目記念での、10ヵ国目までのウェディングフォトのまとめ記事

-------------------
にほんブログ村
↑他の世界一周人気ブログもチェックできます!


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。