スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

サパの姉妹を見つけ出せ!最終話 ~巡り会い~

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。



 女性 「妹は居るよ。」


 百太&しょう 「え!?」


<前回までの記事>
サパの姉妹を見つけ出せ!第1話 ~俺がサパを知ったきっかけ~
サパの姉妹を見つけ出せ!第2話 ~温かい時間~
サパの姉妹を見つけ出せ!第3話 ~ついに再会!?~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ふと辺りを見渡した瞬間。


写真越しにしか見た事ないけど、

あの無邪気な笑顔を見せていた少女イェンが。


目の前に。。。




いた。




探していたはずなのに、

会うと信じられなかった。



インターネットが普及して、今って人を捜すのが難しくない時代。

友達の友達はだいたい誰かしらと繋がっていたりする。


でも。

数枚の「写真」と6年前のわずかな情報だけを頼りに捜す旅。


英語喋れない。
情報の錯綜。
村から村への移動。

今まで人捜しなんてしたことなかったけど、捜し出したら私たちの足は止まらなかった。


ただ。

私たちだけの力じゃ絶対に見つけられなかった。


黒モン族の方々の親切心のおかげ。

ラオチャウの村人のおかげ。


物を売るよりも、
トレッキングツアー勧誘よりも、
ホームステイ勧誘よりも、
イェンとリンを捜すことに協力してくれた黒モン族の方々。


写真を見る真剣な眼差し。

わずかな情報でもと、周りを巻き込んでまで力になろうとしてくれる姿。


そこには「物売り」の黒モン族はいなかった。

あれだけ疎ましいと思った自分に腹が立った。



イェンと目が合った瞬間、涙が出てきた。



やっと見つけたことに対しての喜びなのか。
成長していたことの喜びなのか。
元気な姿を見た喜びなのか。
黒モン族や協力して下さった方への感謝の気持ちなのか。


理由は分からなかったけど。

嬉しかった。


それが周りにも伝わったのか、みんな笑顔で迎え入れてくれていた。



そんな中イェンは・・・
キョトンとしていた。


私たちは写真越しにイェンを知っていたけど、
イェンは私たちと初対面。


そして、少し大人へと成長したイェンはシャイになっていた。

照れたまま、何も話さなかった。

多分話せなかったんだとも思う。

今イェンは英語がほとんど喋れない。



そんな中、意を決して聞いてみた。


しょう 「モトといなっちって覚えてる?」

イェン 「Yes.」


あんなに小さかったイェンが、2人のことを覚えていた!



その瞬間。

6年前の出来事は、あの笑顔が全てを物語っていたんだと思った。


私も日記の内容は忘れかけてきてしまっていたけど、
イェン・リンという名前、そしてあの写真の笑顔だけは鮮明に覚えていたから。



しばらくすると、お父さんが帰ってきたので今までの経緯を説明し、ご挨拶をした。
笑顔で迎え入れてくれた。

でも少しすると、お父さんはまたいなくなってしまった。


家の中に招いてもらったので少し休んでたら、明るい時間なのにイェンがもうご飯を作り始めている。

今日の晩ご飯かな?


手慣れた手つきで竹や薪を割り、火を起こす。
DSC00780.jpg

DSC00778.jpg

6年前はリンが作っていたご飯を、今はイェンが作っている。

きっと、リンが結婚してからはイェンが毎日作っているんだろうなと想像した。


そして、イェンの家は暗かった。
DSC00775.jpg

電球はあったけど、ついてはいなかった。

もちろんガスも通っていない。


トレッキングツアーのホームステイ先の民族の家にはwi-fiまで飛んでいるのに。



あたしは、暗闇の中で料理するイェンとしばらく一緒にいた。

英語が喋れないシャイなイェンとどうやって話そうかなって考えてた矢先、つたない英語で話しかけてきてくれた。


イェン「今何歳?」

しょう「31歳!」

イェン「若く見える!」

しょう「(〃 ̄▽ ̄〃)テレ」


どうやら簡単な英語なら喋れるようだ!


しょう「イェンは何歳?」

イェン「14歳!」

しょう「もう14歳なんだーーー!!!」


子供の成長は早かった。



・・・早すぎる。


6年前で5歳だったのに、もう14歳??


そう。
6年前は8歳だったのだ。

きっと、リンも10歳じゃなくて13歳くらいだったんでしょう。



そして、外にいた近所の子供達と写真を撮ったりして遊んだ。

本当にベトナムに来てから子供達をいっぱい見る。

まだゲームもそこまで普及してないだろうから、外で遊ぶ子供達が多いというのもあると思うけど。


子供達はみんな泥だらけ。
でも目がキラキラしてた。
DSC00748.jpg

DSC00752.jpg

DSC00757.jpg

P1060159.jpg

DSC00741.jpg

この子達は将来売り子になるのかな?


お姉ちゃんらしき人が弟のお守りをしていた。
リンも6年前こんな感じだったんだろうな。
DSC00770.jpg

DSC00756.jpg


辺りが暗くなり始めたので帰ろうとしていた時。
お父さんがまた帰宅。

お礼の挨拶をすると、

 「ご飯食べていかないのかい?」


右手には大きなペプシコーラを持っていた。


私たちは一瞬で全てを察した。

お言葉に甘えてご飯をご馳走になることに。


イェンを見ると、今度は大きなお肉を切っていた。
いっぱいいっぱい切っていた。

お兄ちゃんが懐中電灯をつけて。

実はイェンには、リン・弟の他に2人の兄がいた。


家族がかりで料理を作る。

お父さんがアドバイスをし、最終確認が終わったら調理完了。
DSC00786.jpg


ありがたさと申し訳なさで言葉にならなかった。

私たちが勝手に捜しに来ただけなのに。


お母さんは?

って思った方もいるかと思いますが、
お母さんは亡くなったそうです。

あまり深くは聞きませんでした。



夕食の準備。

お父さんとお兄ちゃんでローソクに灯をともす。
DSC00797.jpg


今日の晩ご飯。

・豚肉の角切り塩茹で
・白菜の塩茹で
 そして白米。 


でもその前に。

イェンの家はキリスト教徒らしく、お食事のお祈りをする。


その後、まずはお茶碗にコーラを注ぎ乾杯。
(コップが無いようです)
DSC00798.jpg

ご飯、質素に見えるかもしれないけど、味はどれも美味しい!


豚肉と白菜は3回くらいおかわりが出てきた。

お米もいつもの何倍も炊いているようだった。

そして、大食いである百太のお腹が苦しくなっても、まだまだご飯はなくならなかった。


お父さんはずっと勧めてくれた。

お腹がパンパンになっても、勧め続けてくれた。


その心遣い。
優しさ。
お礼の言いようもないほどの気持ちだった。


言葉が通じない中の会話だったけど、
楽しそうに食べている姿を見て、
私たちも幸せだった。


「言葉」って
大切な手段ではあるけど、
コミュニケーションには必須ではないのかもしれない。


それよりもっと大切なものがあるんだと思う。



ご飯も食べ終わり、家も辺りも真っ暗になったので、宿に戻ることに。

今も現役バイタクであるお父さんがサパの街まで送ってくれた。


道中、風に吹かれながら今日のことを振り返ってた。

多分、その時のあたしは少し頭が混乱していたと思う。

色んな感情が渦めいて忙しかった。


不思議と、サパに着くとまた涙が出て来た。

昨日までのサパと景色が全く違って見えた。


サパの街は輝いていた。

当たり前のように電気・ガスが通っていて。

活気に満ちあふれ、観光客が楽しいひとときを過ごしている。

私たちだってその中の1人。


たった5km。
たった5kmでこんなにも違うのかと。


うまく言葉では言い表せないのが悔しいけど。





最後に。



モトくん。

私たちは今回リンに会う事は出来なかったけど。

どうか、あの時の写真を届けてあげてください。

モトくんの足で。
モトくんの手で。


きっと、リンは『プロミス』を覚えていると思う。



そしてモトくん。

イェン、本当の名前は「ジエン」だったよ。笑

P1060132.jpg



マハロ♪




~ランキング参加中です~

長文に付き合って頂きありがとうございました!
色々と考えさせられたサパの旅でした。

ポチッとして頂けますと嬉しいです♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪



人気記事
世界のトイレ事情 ~変わり種 トイレを一挙公開~
【動物ランキング】TOP10 ~世界のかわいい動物達~

世界一周新婚旅行ウェディングフォトはこちら!!
【まとめ】10か国記念 ウェディングフォト
↑10か国目までの、お気に入り写真を纏めています。

17ヵ国目 オーロラとのウェディングフォト
16ヵ国目ハンガリー ~ブダペスト ドナウの真珠~
15ヵ国目クロアチア ~ドブロブニク 紅の絶景~
14ヵ国目モンテネグロ ~アドリア海に浮かぶ絶景の島~
13ヵ国目アルバニア ~絶景ブルーアイで恥かいた~

世界の絶景で撮ったウェディングフォト5選
↑こちらは、【世界新聞】さんに載せていただいた記事です。
-------------------
バックパック購入しようとしている人は、ぜひ読んでみてください!
世界一周バックパック!!機能性、実用性を備えたおすすめの1品をご紹介!
バックパックとスーツケースの比較記事!

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。