スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

想像とは全く違った沿ドニエストル。【未承認国家】に行って感じた事。

スポンサーリンク

ごきげんよう!百太です。


未承認国家。国連に加盟している国の、どこからも承認されていない国。
そう聞くと、本当にどんな雰囲気で、人々はどんな生活をしているのか。


謎だらけだ。


今回は、実際に行かなければ、存在自体知らなかったであろう国、沿ドニエストルに行き、感じた事を書いてみようと思う。


ランキング参加中です
応援してくれる人は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援クリック有難う御座います(^-^)


街には、銃を持った警備員や兵隊のような人が居て、厳戒態勢で待ち構えているのかと想像していたが、そんな事は全く無く、むしろ緑が多くのどかな雰囲気のある首都ティラスポリ。

行ったのが祝日という事もあったのか、家族連れや子供が楽しそうに生活をしていた。

ドニエストルのスーパーマーケットにも入ったが、至って普通のスーパーマーケットで、数多くの商品が綺麗に陳列されている。
この国は、独自の通貨を使用している為、スーパーに併設されていた換金場でドニエストルルーブルを入手し興奮しながら紙幣の写真を撮った。

P6040107.jpg



飲み物を選びレジに並ぶ。


商品を渡し、換金したばかりの紙幣を渡すとお釣りが返ってきた。

見た事も無いような、色鮮やかで面白い形をしたプラスチックのような材質のお金。

P6040121.jpg

数字が同じであれば、札とプラスチック硬貨は同じ価値のようだ。
P6040122.jpg
右の5と書いてあるお札と、青い5角形のプラスチック硬貨が同じ。
下の1と書いてあるお札と、黄色い丸い形のプラスチック硬貨が同じ。


日本でいえば、夏目漱石の1000円と、野口英世の1000円のような感じだろうか。

お札は破れたりするけど、プラスチック硬貨なら破れる心配がないし、小銭入れの中にあっても、カラフルで形も違う為、見つけやすく取り出しやすそうだ。
見た事もないようなプラスチック硬貨に


「おぉぉ、なにこれ!!」



とはしゃぐ四人に微笑みながら、無言で他のお札を、プラスチックのお金に変えてくれた。

こんなに色んな種類があるんだ。
と驚くと同時に、言葉が通じないのに我らが喜ぶだろうと、紙幣をプラスチック硬貨に変えてくれた店員のおばちゃん。



今回たった10時間しか滞在できない沿ドニエストル。

出会った人によって、その国の印象は大きく変わってしまう。
99人の親切な人が居る国でも、1人の不親切な人に出会ったら、その国の印象は悪くなってしまうだろう。

数日でも滞在できれば、例え不親切な人にあっても、他の人は良い人だった。と感じるだろう。
だけど今回はたったの10時間。
何人の人と会話が出来、何人の人とすれ違えるのか。


そんな限られた人達との、偶然の出会いによって、俺の中でのドニエストルの印象が決まってしまう。


偶然見つけたスーパーマーケット。

たまたま並んだこのレジ。

時間が違えば、このおばちゃんは休憩中だったかも知れない。

そんな偶然の出会いで、このおばちゃんと出会え、俺はドニエストルにとても良い印象を持った。


その後、ご飯を食べに綺麗なテラス席のついた、カフェのような店に入った。

アジア人が珍しいんだろう。
他の席に座っている人達が、チラチラとこちらを見てくる。
気がつくと、周りの席の全員がこちらを見ていた。

だけど、話しかけてくる事はなく、目が合うとそらしてしまう。


メニューに日本食があったり、店内にカラオケがあったりと驚きながら食事を終え、カフェから出よう立ち上がると、赤ん坊を抱いた優しそうな男性家族と一緒になった。
先を譲ろうと椅子を引き、お先にどうぞとジェスチャーをした。

すると優しそうな父親であろう男性が、英語で話しかけてきた。

「どこから来たんですか?」

「日本です。」

「それは良いですね!」

「あなたは?」

「私達はここの出身です」

そんな、他愛もない会話をしている時、綺麗な青い瞳で俺を見ながらニコニコしている赤ちゃんがとても印象的だった。

この子も、あと10数年もすれば、自分の生まれた国が他の国に承認されていない、未承認国家だということを知るだろう。

俺は勝手に、自由が無く窮屈そうな国を想像していた。
だけど実際に来てみて、その想像が全く当たっていない雰囲気の街だと思った。

首都だけど、緑が多く、穏やかな人々が暮らしていた未承認国家、沿ドニエストルのティラスポリ。


この青い瞳の赤ん坊は、きっと幸せな時間を過ごしながら大人になって行くんだろうと思う。


人生初の未承認国家という場所。

一生知る事がなかったかも知れないドニエストル。

二度と会うことのないであろうアジア人が喜ばせるため、わざわざお札をプラスチック硬貨に変えてくれたおばちゃん。

優しそうな男性と、瞳の青い赤ん坊。



そして、iPhone5sとほぼ同じ大きさの小さいラーメン(笑)
13-P6040125.jpg

移動を含めた10時間は、こんな少しの出来事と、思い出しか作れなかったけど、行ってよかったと思う温かい雰囲気の街だった。

次回は、そんな沿ドニエストルの首都ティラスポリでのウェディングフォト!


ちゃお。

ランキング参加中です
面白かった!役に立った!応援したい!と思ってくれた方は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

応援クリック有難う御座いました(^-^)

スポンサーリンク


------------------
【現在22ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストル
→:空路
⇒:陸路
-------------------

【おすすめ記事】
関連記事
【未承認国家】沿ドニエストルへ!キシナウからティラスポリへの 移動 行き方
ウクライナのオデッサからモルドバのキシナウへの移動 行き方
【絶景の岩窟修道院】 オールドオルヘイへの行き方

世界一周新婚旅行ウェディングフォト 21ヵ国目モルドバ 【絶景】崖の上の十字架


トラブル発生記事はこちら!
【また盗難!?】悪夢再び・・・
↑ウクライナでパソコンを盗難された話
地獄の始まり(前編) ~お尻からミネラルウォーター~
↑俺がインドで体調不良になった日の記事
盗難!? ~貴重品一式紛失(PC、カメラ、カード、現金、etc)~
↑インドで貴重品一式盗難にあった日の記事

【初の病院へ】押し寄せる不安と後悔
↑しょうが体調不良になり、初めて海外の病院を受診した記事

海外から安く国際電話をかけるおすすめの方法
↑海外でお得に簡単に自分のスマホから、国際電話をかける方法の記事
海外旅行保険を使い病院で受診する際、知っておくと良い情報

人気記事
【騙そうとする人間】と【親切な人間】の見分け方 全3話
【怪しい男】~俺は絶対騙されないから~ 第1話
【騙そうとする人間】と【親切な人間】の見分け方 第2話
【ポーランド人は我が強い!?】 第3話

バックパックの購入を検討している方は、一度読んでみてください。
世界一周バックパック!機能性、利便性を備えたおすすめの1品をご紹介!
バックパックとスーツケースの比較記事!

世界一周新婚旅行ウェディングフォトはこちら!!
★祝20ヵ国記念★世界一周ウェディングフォトまとめ【未公開_NG作品付き】
↑20ヵ国目記念での、11~20ヵ国目までのウェディングフォトのまとめ記事

【まとめ】10か国記念 ウェディングフォト
↑10ヵ国目記念での、10ヵ国目までのウェディングフォトのまとめ記事

-------------------

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは^^
たった10時間とはいえ、すごく思い出深い国でしたね^^ラーメンのちいささとか、面白いお金とか、そこに住む人びととか、ちょっと触れ合うだけでもいろいろと分かり合えたり、驚かされることがいっぱいですね^^

八咫烏 さん

こんにちは!
コメント有難う御座います(^-^)

そうなんですよ。本当にたったの数時間しか居なかったんですが、想い出深い国となりました。

ほんの少しでも現地の人と出会ったり話したりすると、雰囲気も少しわかりますし、想像していただけの時とは印象がまったく変わりました(*'▽')
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。