スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ドニエストルで何をするかは自分次第である。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


最近ヨーロッパではEuro2016(サッカー)で盛り上がっています。
スーパーや売店ではEuroのコーラが売られているほど。
日本にいた頃は夜中だったのであんまり見れなかったけど、ヨーロッパではゴールデンタイムに見れる!

夜はご飯食べたら専らサッカーを見ている毎日です。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


さて、未知の未承認国家「ドニエストル」。
どんな国なのかワクワクです。

今回は4人で行くことに!
なぜ4人で行くことになったのかというと・・・


遡ること前日。

インドで出会い、ウクライナで再会したショウくんが同じタイミングでモルドバにいるというので、ショウくんと同じ宿にいたマナミちゃんと4人でご飯を食べに、ネームセンスにたっぷりのユーモアが感じられるモールドバへ行ってきました。

モルドバと言えば「ワイン」でしょう!
ということで、レストランでご飯を食べながら久々にワインをガッツリ。
ワイン好きのあたしは鼻が膨らみっぱなしでした。
レストランで飲みましたが、ワインは1番安いので1ℓ79レウ(約400円)。
フルーティーな味で飲みやすい!
ちなみに白です。(完全にあたしの好み)

大好物のワインを1杯目から空きっ腹に飲んだのと、話しやすくて安心感を与えてくれる彼らとのトークに花開き、1ℓのピッチャーを何回もおかわりして、気づけば記憶を失うという失態。

「明日ドニエストル行く」と言っていたショウくんとマナミちゃん。
私たちは明後日行く予定をしていたので、行き方とか教えてね〜で話は終わっていたのだけど。
泥酔してきた頃、ショウくんが「明日もご飯食べましょうよ!」と誘ってくれたのだけど、それをどう勘違いしたのでしょう。


「行こう!明日一緒にドニエストルに行こう!」


とマナミちゃんと盛り上がり、一緒に行くことが決定しました。


スポンサーリンク




そんなことで二日酔いの中、4人で一緒に行くことになったドニエストル。


未承認国家に行くのが初めてだからどんな国だろうと思っていたけど、ティラスポリのバスステーション施設はこんなにキレイでした。
IMG_2855.jpg

ちなみにこのバスステーションの奥に鉄道駅があるのですが、
「撮影してはダメだ!」
と言われました。
もともと、国家機密で地図もないなんて言われていたドニエストル。
鉄道駅は国家機密にあたるのでしょうか。



では、早速オフラインマップ(maps.me)を頼りにお散歩開始です。

え。地図あるの??

って思うかもしれませんが、アプリの地図にはあるんです。

地図をダウンロードさえしておけば、地図で道などは分かるのでご安心を。
(Google Mapも同じ)

もしかしたら機密事項に当たる場所は載ってないのかも?しれません。

いい感じの緑道
06-P6040001.jpg


これは、ドニエストルの車!!!
07-P6040006.jpg
ドニエストルの車にはドニエストルの国旗が書いてあるんです。
これはかなり貴重。


ブラブラ歩いているとスーパーを発見。
全て前提に「未承認国家」が入ってしまうのだけど、すごくキレイなスーパーで品揃えも豊富!
09-P6040099.jpg

でも、これだけは理解できませんでした。
08-P6040098.jpg
なぜ、なぜだろう。
なぜ冷凍食品の上にぬいぐるみ。。。

ここで、酒好き"しょうコンビ"はドニエストルのビール探しへ。
ドニエストルのビールは、きっと再訪しない限り飲めないでしょう。

ふふふ、ありましたよ、ドニエストルビール。
1-P6040116.jpg
確か500ml 1本5ルーブル(50円)くらいでした。

支払いは、ドニエストルの通貨(ルーブル)で支払います。
未承認国家なのに、独自の通貨を持っているんです。
承認されてはいないけど、本当に事実上は独立しているんだなぁというのが垣間見れます。

ドニエストルの通貨を持っていなかった私たちは、スーパー内にある両替所で換金しました。


実は、到着時に地元の住民と思われる人から「両替しない?」と言われたのだけど、怪しさMAXだったのでお断りしました。
ただの善人なのか、観光客を狙っているものかは分からないですが。
両替所は街中にありそうですし、スーパーの中にもあるので、きちんとレートが書いてあるところで変えた方が良いかなとは思います。


これが2016年6月現在のレート。
02-IMG_0973.jpg
驚いたのが、日本円でも両替ができるということ。
何で??何でなの???
これの真相は分からないですが、東欧の通貨、ドル・ユーロに続いて日本の円も両替出来ます\(^o^)/
(全ての両替所で出来るのかは分かりません)


そんなレアなドニエストルのお札!
どーーーん。
14-P6040112.jpg

だけどだけど、何よりも女心をくすぐられたのが、コインの可愛さ!
どどどーーーーん。
12-P6040120.jpg

コイン感はないけども。。
可愛いでしょう♪(´ε` )

ビールを購入した時にスーパーのレジのおばちゃんが、お釣りのコインの可愛さに興奮している私たちを見て、わざわざお札から可愛いコインに変えてくれたのです。
こんなぎゃーぎゃーうるさい観光客のために、笑顔で対応してくれたおばちゃん。
おばちゃんのその笑顔と優しさに、みんなドニエストルが大好きになりました!
大切に保管しよう。


基本的にドニエストルの方は笑顔がステキないい人ばかり。
入国した時はどんな国かなって少し不安もあったけど、人を見ていたらその不安は吹っ飛びました。


さぁさぁ、スーパーを出てドニエストルビールで乾杯!



お腹が空いたーということでご飯食べれるところを探すことに。
最初は地図で目星をつけてたカフェに向かっていたのですが、大通りに出たところで地図には載ってないテラス付きのレストランを発見。
うひょーーーいテラス!
「MAFIA」って店名は怪しいけど、腹ペコ4人組は早速入ることに。
10-P6040114.jpg

メニューを見てまた驚いたのが、日本ぽいメニューがあるところ。
少々お値段張りますがラーメンやら寿司やらあるー!
11-P6040119.jpg
メニュー見ると、結構イイレストランぽい。

百太はラーメンを注文。
マナミちゃんはパスタ、しょうコンビはピザを注文し待ちます。


早速百太のラーメンが登場。
するとワイワイ喋ってたみんなが無言になります。。。


特に百太は、くるくるの目が点に。
所さんの目がテン!状態です。


ぱっと見、ちゃんとしたラーメン。
醤油ベースなスープな色。
卵やゴマなんかも入ってる。



でも・・・
ラーメンにしてはあまりに小さかった。笑



ドニエストルの人は、ラーメンはスープ代わりなんでしょうか?

どん。
13-P6040125.jpg
この小ささ、伝わりますか?

直径がiPhone5sとそこまで変わりません。


これが、腹ペコ百太の昼ごはんです。
モルドバに来てから、チキンバーガーに引き続きミニチュアサイズに縁のある百太です。



そして・・・食後にはまさかのデザートを!


おやおや?ってお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
オデッサで、やーーーっとの思いでカフェに入ってから1週間。
あれだけ苦労して食べたケーキ。


まさか、まさかこんな短期間でもう一度食べれちゃったんです。
てへぺろ。
はぁ〜、よだれが止まりません。
03-IMG_0978.jpg

カフェラテにチョコレートケーキ・・・シアワセすぎる。

2度目のインスタ風。
04-IMG_0981.jpg


話が止まらず楽しい時間を過ごしていました。



話が止まることはありませんでした。


ふと時計を見てみました。




18時((((;゚Д゚)))))))



話が止まりました。


時も止まりました。
全員が固まりました。


バスの最終って何時だったっけ・・・


バスの最終時刻の記憶があやふやだった私たちは、とりあえず急いでバス停に向かいます。


ほとんど観光もせずカフェで過ごしてしまったドニエストル。
テラス席が心地よすぎて長居しすぎました。


これじゃあカフェとビールを飲みにドニエストルに行ったようなものです。


余談ですがお会計情報。
わりとしっかりしたレストラン兼カフェでしたが、クレジットカードは使えませんでした。
モルドバ通貨での支払いはできました。
VISAだったから使えなかったのか、そもそもドニエストルでは使えないのかは分かりません。



その後、汗だくになってダッシュで戻った私たちは、18:40発キシナウ行きに乗ることに成功!
キシナウ戻ってからのビールが最高に美味しかったとさ!



マハロ♪



~ランキング参加中です~

ビールの後は・・・やっぱり数本ワインをあけましたとさ。

応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

------------------
【現在22ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナモルドバ沿ドニエストル
→:空路
⇒:陸路
-------------------

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

オストヨーロッパはのんびりしているなあ。
FBでもヤフー・ドイチェでも、イギリスのEU離脱の記事がバンバン配信されてきます。
金融市場でも大変な騒ぎです。

ところで、ベルリンには「はな毛」(字の通り)という日本風居酒屋があります。
キリンビールは35ユーロ、ドイツビールは25ユーロです。
よくわからないのは、寿司屋の店員が黒づくめの袴姿だったり。
多分、忍者と混同しています。

No title

こんにちは。

未承認国家・沿ドニエストルって、初めて知りました。
世界には、このような国家もあるのですね。
でも街並みは、普通よりなんかステキ!!
コインも初めてカラフルなのを見ました。

カフェラテとケーキが美味しそう♪
海外だと、とっても甘く感じますが・・・どうですか?

可愛いラーメン、スープ代わりなんでしょうね。
お寿司のメニューが凝ってる~~~
日本でも見ないデザインやわぁ~~

ウェディングフォトは???

さんかくたまごさん

コメントありがとうございます!

今はもうイギリスのEU離脱一色ですよね。
この記事は数日前に書いたものだったので、その時はサッカーで盛り上がっていました。。

「はな毛」ってすごい名前の居酒屋さんですね!!
一気に惹かれてしまいました。笑
今ベルリンにいたら絶対に訪ねてましたよ!笑
・・・ビールの値段には驚愕ですが。

やっぱり国によって日本のイメージってそれぞれですよね!
Vシネマの見過ぎでしょう?って人もいました。笑
きっと、このレストランでの日本のイメージ代表は武士なんでしょうね。

ヒツジのとっとちゃんさん

こんにちは!
コメントありがとうございます!

私も今回ドニエストルの存在を初めて知ったのですが最初は地図を見て知ったので、1つの国だと思っていました。
「未承認国家」とだけ聞くと少し暗いイメージを想像してしまっていたんですが、全然違いましたよ!
街並もキレイですし、人もとっても親切です!
カフェの前にはリッチそうな人もたくさんいました。

私もこんなコインに出会ったのは初めてでした!

カフェラテとケーキ・・・それはもう美味しかったです♪(´ε` )笑
ウクライナもですが、お菓子はそんなに甘いイメージはないです!
カフェでケーキはこの2回のみなので、少々説得力ないですが・・・笑
このケーキのチョコは濃厚でしたが、海外特有の甘さはなかったです!
日本人の好みに近い感覚のような気がします( ^ω^ )

ウクライナではラーメンはスープのようにゆっくり食べるものらしいので、多分ドニエストルでも一緒なんだと勝手に解釈してました♪笑
お寿司、国によって色々違って面白いですよね♪( ´▽`)

ウェディングフォト、もちろん撮りましたよ!!!\(^o^)/
数日後にアップします♪

No title

大変失礼しました。
訂正します。

3.5ユーロ
2.5ユーロです。

No title

こんにちは^^

ドニエストルって初めて聞きましたが、記事を読んでみると、とっても魅力的なところであるのがわかりました^^

日本の円が交換できる、っていうのは、日本の円の信用があるってことで誇っていいのですかね^^;寿司まであるってすごいですね^^意外と日本びいきなんですかね?^^;

それにしてもコインがかわいいです^^こんなかわいらしい形のコイン初めて見ました^^
今回の記事も新しい発見がいっぱいでした^^また更新、お待ちしております^^

さんかくたまご さん

わざわざコメントありがとうございます!

おぉぉー価格下がりました( ^ω^ )
すっごく高級店なんだと思ってました!笑

あー尚更行ってみたくなりましたよ、「はな毛」!!!

八咫烏さん

こんにちは!!!
コメントありがとうございます!

魅力的なところが伝わったのめちゃくちゃ嬉しいです( ^ω^ )
ブログ書いてるのに、言葉で伝えるのが苦手なので><

日本円の信用がまさか未承認国家であるドニエストルまであるなんてって思いましたよね?私もです!!!
訪問前までは勝手に少し鎖国的なイメージがあったので、メニューのお寿司とかを見て、そのイメージも払拭されました!

コインの可愛さに久々にみんなでキャッキャしちゃいました!笑
日本もあんなコインだったらワクワクしそうですよね!
(偽造コインがたくさん生まれてしまいますかね(^^;;)

新しい発見と言ってもらえてめちゃくちゃ嬉しいです♪(´ε` )
ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。