スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ウクライナ振り返って想ふこと。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


コーヒーとケーキという大目的を見事達成し、最後の晩餐にお寿司を腹5分目まで食べた私たち。
嗚呼、カードさえ使えればなぁ・・・

2ヶ月という、この旅始まって以来の長期滞在を経験したのですが、ついに、ついに重い腰を上げて新しい国に移動する日がやってきました。
今日は完全に自己満備忘録なウクライナ振り返りです。
いつもなことは、分かってます。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


思い返せばウクライナに入った日は雪だった。
日本では桜シーズンで盛り上がっている頃、ウクライナでは外は枯れ木で誰がどう見ても冬。
緑の愛のトンネルに行きたかった私たちは、いつ行けるんだろう・・・?って。

だけど、冬から春になる時は一瞬で、枯れ木に葉っぱが生えてくるのに時間はかかりませんでした。
同時に街にもお店が増え、屋台が増え、活気に溢れ出していくリヴィウの街。
毎日毎日姿を変えていくのが面白くてよく散歩したな。

「春は短い」

そう聞いてはいたけどその通りで、2ヶ月経った今はもう初夏だ。

オデッサの街はもう30度を越えている。
ヨーロッパの夏のいいところはカラッとしてるとこ。
それでも体が温度差についていかなくて何度も溶けそうになったけど。
いや、溶けたのはあたしの買ったチョコレートだった。。。


この2ヶ月で色んな初めてを経験しました。


サマータイム

知らない間に時計が変わってるってすごくないですか!?
だって、知らない間に1時間減るって!!!
1日23時間は初めてで不思議な経験。
うん、多分サマータイム慣れしている人は何とも思わないでしょう。

「うわーサマータイムくらいで騒いでるぜー」

まるで、生まれて初めて飛行機に乗ってキャーキャー言っている人を冷めた目で見ている飛行機常連客のような感じだと思います。

あ、生まれて初めての飛行機でキャーキャー言ったのは、あたしです(・Д・)ノ


誰かサマータイムのせいで乗り物に乗り遅れた人っているんでしょうか?


イースター

今年はイースターが5月1日で、ちょうど私たちはルーツクという街に移動してしまったんだけど、宿のスタッフさんから卵もらったりケーキもらったり。
ちょこっとイースターを味わうことが出来ました。
だけど思いっきりイースターを味わいたいならリヴィウとか都会で過ごすことをオススメします。
ルーツクはスーパーしかやってません。
リヴィウは観光地化されてるのか、水かけ祭りもやっていて楽しそうでした。


結婚記念日

愛のトンネルへ。

この日、基本晴れてたんですが、途中曇って雷鳴って雨降って、また晴れて。
私たちもこの一年、笑顔の日もあれば、泣いた日も喧嘩して怒った日もありました。

思わず「今日の天気、うちらみたいだねー」って。

え?ロマンチックだなぁって?
そうなんです、わたし、サプライズは下手くそだけど意外とロマンチストみたいです。


沈没

もともとは盗難にあったのと、愛のトンネル行くために春を待っていて長くなったリヴィウ滞在。
結果、どっぷり沈没。
ウクライナ全般にいえることですが、沈没する条件が全て揃いすぎてます。


約1ヶ月滞在したリヴィウを離れた日・・・泣いた。
しかも友達からのメールで泣きました。
はい、百太はどん引きです。

初めて旅先で出来た、気兼ねなく話せる外国人のお友達との別れは辛かった。
「一期一会」って好きだし旅ってそういうものだと思ってるけど。

小学2年の終わりに転校したことを思い出して、1ヶ月同じ場所にいると愛着心が沸きすぎてしまうのだと、知らない自分を知りました。

だけど、沈没してみた結果、あたしにはあんまり合わないと。
良くも悪くもその環境に慣れようとしてくるらしく、一時廃人になりかけてました。
1日1日を大切にしてなかったのもこの時期。
1ヶ所での沈没を心から楽しめたのは最初の2〜3週間くらいまででした。
そんだけ楽しめてれば、・・・十分か笑



キエフでは色んな偶然が重なって旅友達と再会。

再会した1人は、あたしのSNS投稿を見てウクライナまで飛んで来たんだそう。
「ビール40円!」の言葉に惹かれて。笑
フットワーク軽すぎるわ!



スポンサーリンク




ウクライナって経済破綻・ロシアとの戦争・クリミアなどなど日本から見ると「危険」という言葉が少しつきまとってる国だったと思う。
母からも何度かメールが来た。
確かに、起こっていることは事実。

でも、、、やっぱり何かが違う。
TVやニュースで見て感じたのと、実際見て感じたものは違った。
そもそも当ててるスポットが違うから当たり前なんだと思うけども。

多くの人々は普通に生活をしているし、笑顔に溢れている。
もちろんそうじゃない人だっているだろうと思う。
学校を卒業しても仕事が見つからない人がたくさんいるって聞いた。
ウクライナ東部に住んでる人は、若者が自ら志願して戦争に行く人もいると聞いた。
自分の街のために。
また、街には戦争によって亡くなった方の写真が貼り出されていたりもする。

私はたかがホステル住まいで側面な部分だけしか見れてないけれど。
「行かない方が良い地域」はあるかもしれないけど「この国は危険」と決めつけるのとは違うと思った。

そういったことを実際に行って感じることが出来るってやっぱりいい。
カフェ行くのが一大イベントというとんだ貧乏旅行だけど、感じれることは沢山ある。
うまく伝えれなくて体験の持ち腐れ状態になってることは十二分に承知してるけど。。



次の国では何を感じるんだろうな。



マハロ♪



~ランキング参加中です~

ウクライナ料理、本当に美味しいです。
ウクライナビール、本当に安いです。

本日も応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

------------------
【現在20ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナ
→:空路
⇒:陸路
-------------------

関連記事
【ごめんなさい】チェルノブイリ そして フクシマ
【質問してはダメな事】 を 聞いてしまった話
チェルノブイリ原発事故の恐怖。忘れちゃいけないもの。

【マッチョ好き必見】キエフの屋外筋トレ場へ潜入したら、恥ずかしい気持ちになった件
こんな所に日本のラーメン屋が!?【食文化について考える件】

リヴィウからルーツク(Lutsk)への移動 行き方!
ルーツク(Lutsk)から愛のトンネルへの移動 行き方!
ルーツクからキエフへの移動 行き方
キエフからオデッサへの移動 行き方!

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです♪
先日は温かいコメントありがとうございました_(_^_)_
おかげ様で少しずつ良くなってきました♪
明日からまた再開して頑張りますのでよろしくお願いします(#^^#)♡

ウクライナの印象が変わりました!
ほんとニュースで見るウクライナは怖い印象でした・・・。
でもウクライナの人皆が怖いわけでも街全部が恐怖なわけでもないんですよね。
きっと百&しょうさんは温かい素敵な出会いがたくさんあったのでしょうね。
料理もお酒も美味しくって安いなんて最高じゃないですか(≧▽≦)
お友達も出来て、慣れた国を離れることは寂しいでしょうね・・・。
でもまた新しい驚きや楽しい出会いがきっと待ってますものね!
まだまだ旅を楽しんでくださいね(^_-)-☆

ぶるんさん

コメントありがとうございます!!!
良くなってきて良かったです♪

ニュースで報道されているウクライナも1つの真実の部分ではあると思うのですが、やっぱりあくまで「一部」なんだなと、改めて知れることが出来ました!
きっと、報道次第で日本だって恐ろしい・怖い国にすることは出来るんじゃないかと。
ウクライナ料理は、きっと日本人の多くが好む味だと思いますよ♪
ラーメンの麺の柔らかさ以外は・・・笑
今回は慣れすぎてしまったからなのか、珍しく新しい土地に慣れるまで時間かかりました。
あとどうしてもウクライナと比べてしまったり。笑
未だにウクライナの通貨に変換してお金を数えることもあります!笑
でもやっぱり新しいところは新しいところの良さがあってどんどん楽しんでいくので、引き続きよろしくお願いします♪( ´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。