スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

サパの姉妹を見つけ出せ!第2話 ~温かい時間~

スポンサーリンク


ごきげんよう!百太です。

--------------
サパは小さい街なので、
リンとイェンの顔写真を見せれば
すぐに2人まで たどり着けるはずだ。
--------------
by鈴木モト



モトの日記のこの文を読んで、
簡単に2人を見つける事が出来ると思っていた。

が、、、

アホモトさんのいう事なので事前に
検索してみた。
【サパ 人口】 


13.86万 (2003年)


み、みみ、見つかるかいっ( ゚Д゚)ノシ



サパの姉妹を見つけ出せ!第1話はこちらをクリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





見つかる可能性は極めて低い気がするが・・・・
とりあえず、探すことにした我ら。



この時はまだ、
後に素敵な出会いが待っている事は、
もちろん知らなかった。




リン&イェンを探す為、我らの持っている情報

1、リンとイェンという名前
2、リン、イェンの6年前の写真数枚
3、6年前、10歳と5歳だった事
4、父がバイクタクシー運転手で片目が不自由という事。
5、父の写真1枚(名前は知らない)



以上・・・



くどいようだが。。。





見つかるかいっ( ゚Д゚)ノシ





せめてもの救いが、今日は土曜日という事。
少数民族の方々が、サパで色々と物を売る週末!


リンとイェンも6年前に、色々と売っていた。
今日はサパの町に来ているかもしれない。




我らが初めてサパにバスで着いた日、
少数民族の衣装を着た10人ほどが
バス停で待ち構えていた。


バスを降りると、


「明日トレッキングツアーに連れて行ってあげる」

「これを買ってほしい」


と、ものすごい商売根性を見せつけられた・・・



正直、なかなか会えない少数民族を期待していたが
バスを降りて最初の洗礼で、やや心が萎えたのを覚えている。



この日も、民族衣装の人と目が合うと


「これを買ってほしい!」


と商品を見せてくる。


それと同時に、事前に数枚の写真を取り込んだ
iPhoneを見せ、片言英語で尋ねる。


「この写真の女の子2人を探しています。」

「この写真は6年前に撮った物です。」

「名前はリンとイェンと言います。」

「知ってますか?」




するといきなり商売モード解除。


それはそれは親身になって教えてくれます(*‘∀‘)


他の人にも聞いてくれたりします♪


が、案の定 


「わからない・・」


との回答が。



ですよね(笑)




だけどこの時点で、民族の人達の暖かさが伝わり
俺はある意味満足していた。



ただ歩いて観光したり、サパの宿でも手配している
近くの村のツアー等に参加するのではなく


人探しをする。


きっと会うことはできないだろうけど、
リンとイェンを探す事を選んで良かったと思った。



尋ね続けて1時間ほど、10人ほどの集団に出くわした。


「この写真の女の子2人を探しています。」

「この写真は6年前に撮った物です。」

「名前はリンとイェンと言います。」

「知ってますか?」



iPhoneの写真を見せ尋ねると、俺のiPhoneは集団の中に吸い込まれていく(笑)

それはそれは真剣に1人1人じっくり写真を見てくれていた。

DSC00643-001.jpg




1人の若い女性が言った。



「知ってるよ!」

リンを指し
「この子は結婚して、マチャ村(MaCha)に居るよ!」

イェンを指し
「こっちの子はラオチャイ村(LaoChai)に居るよ!」



おぉぉぉ!!初の有力情報をゲット( ;∀;)

リンが結婚!?!?
おめでたいっ(*‘∀‘)



「知ってるの!?」
「今日はサパに来てないの!?」

 ↑めっちゃテンション上がってる


民族女性「来てないよ!村に居るよ!」



ただ、6年前の写真。
子供の顔はだいぶ変わるはずだ。


人違いの可能性もある。。。


そんな事を思っていると


民族女性
「この子たちのお父さんは片目のバイクタクシー運転手だよ」




間違いなく合ってるー(*‘∀‘)



サパにお父さんが居るかも知れないと言い
連れて行ってくれるとの事。


あぁぁ、なんて親切な人達だろう(^^♪

DSC00649-001.jpg


着いて行くいく我ら。




我らのテンションは最高潮!


もしかしたら本当に出逢えるかもしれない!!


しょう と二人でワクワクしていた。



歩くこと数分、バイクタクシーのたまり場に着いたが
どうやらお父さんは見当たらないようだ。


そして親切な2人は去って行った。




ここで我らには

この後の運命を決める

3つの選択肢が。


1、ここで父を待つ。

2、リンに会いにマチャ村に向かう。

3、イェンに会いにラオチャイ村に向かう。



ちなみにマチャ村は、今いるサパから5キロほど離れた場所。
ラオチャイ村は、マチャ村とは逆方向に8キロほど離れた場所にある。


暗くなれば、明かりがない村を移動し
探すのは不可能なので
残された時間は、あと6時間程だろう。


30分ほど父を待ったが、それらしい人は来なかった。


このまま待っていても、父がここに必ず来るとは限らない。


そう思った我らは、6年前 10歳で、きっとモトの事を
覚えているであろう、リンに会いにマチャ村に向かう事にした。



バイクタクシーに乗り、
13時頃にマチャ村に着いた我らを
待っていたのは、、、、


なんとも素晴らしい景色。





P1060103-00001.jpg

めっちゃ自然がたくさん!!

P1060105-001.jpg



P1060085-001.jpg

牛もたくさん!!

P1060106-001.jpg

河で洗濯!!


P1060077-001.jpg

洗濯終わってここに干す!



観光客も1人も居ない!

なんてのどかで素敵な村なんだ(*‘∀‘)



もっと色々と見て廻りたい所だが、とりあえずリンを探しに行く。



一番近くの家を尋ね、再度写真を見せ聞いてみる。



村人は 首を横に振る。。。。



百&しょう 「えっ!?」



我らの勝手なイメージ。
小さな村だろうから、聞けばすぐ


「あぁ、知ってる知ってる!向こうだよ!」



となるのを想定していた。



嫌な予感がする。。


次の家、また次の家でも



皆 首を横に振る。。



おかしい('Д')

なんでなんだ!?情報が古かったのか!?

そもそもマチャ村ではなかったのか!?





7件目の家を訪ねると、中で大人数の宴会的な状態。


するとこの村初めての、英語が話せる女性が出てきた。


リンとイェンの写真を見せるが、知らないという。

宴会中の家族にも確認してくれる親切ぶり(*´з`)



が、だれも知らなかった。。



試しに、お父さんの写真を見せると



村の女性「知ってる!けどもう居ない。ラオチャイ村にいるよ」


百&しょう 「 ( ゚Д゚)オーマイガッ! 」


なんなんだ!?
リンはどこにいるのだ!?
結局3人ともラオチャイ村にいるのか・・・!?



途方にくれている我らに女性が話しかけてくる。



女性「ジョイン!エンジョイ!」

百&しょう「??」

女性「ジョインジョイン(^-^)」

訳が分からないまま、家の中に入る。
DSC00656-001.jpg


そしてそのままお酒を注いでもらい、みんなで乾杯
DSC00660.jpg


家族と親族が集まって、宴会をしているようだ。


とりあえず片言英語で自己紹介をし、
英語の出来る女性が通訳してくれた。

そして、一家の長であろう父がベトナム語で話す。


「日本の人と、ベトナムの我々が
一緒にお酒を酌み交わせて
とても幸せです。」




心の底から嬉しかった!



その後、英語ができる女性がしばらく離籍( ゚Д゚)



しばしベトナム語、日本語での会話が繰り広げられた(笑)


日本酒のような酒を、どんどん注いでくる陽気な兄ちゃん


家族1人1人が乾杯するために、わざわざ歩み寄って来てくれる。

そして、乾杯すると一気に飲まなければいけないようで
我らは10杯づつくらい飲んだだろう。



しばらくすると、ある事に気づいた。

男性陣が全員奥。
女性陣は全員入口側に座っている。

奥側が上座というのは日本と同じなのだろうか?
それとも女性に優しい国だから、入口の方が良い席なのだろうか?


さらに箸の置き方に、こだわりがあるようで
我らが箸を使い横に置くと、
隣の女性が毎回綺麗にこの形に直してくれる。

DSC00657-001.jpg


礼儀やマナーは国に入る前に、調べていくようにしている。
が、箸のことや席のことなど書いてなかったので
とても興味深かった。



そんな事を考えていると、
どんどん食べ物も勧めてくれる。

言葉は通じなくても、すぐにわかった。

豚肉。かぼちゃ。豆腐。
味はどれも美味しかった。


見たことも食べたこともない果物も貰った。

DSC00661-001.jpg


食べ方もわからず見様見真似で食べる。

皮は剥かずに、そのまま食べていたので
俺もそのままかじった。

中には堅めの種が入っていた。

1人の女性は種を家の床に、ペッペッと吐いていた。

さすがに真似はしなかった(笑)



言っている事はまったく分からないが、
伝えたいことは、ジェスチャーや表情で大体わかる。

そして何回も何回も握手をした。



この家には、電気もガスもなく
薪を割り、火を起こしていた。

DSC00682-001.jpg





DSC00673-001.jpg


ちびっこ!
家の入口の敷居が高く、1人では出入り出来ない様子(*‘∀‘)
外に出る時と入るときは
俺が持ち上げ役!

DSC00678-001.jpg



柵とかない囲炉裏の近くを
パンツも靴も履かずに歩き回るっ!
めっちゃ ヒヤヒヤ('Д') 

P1060101-001.jpg


P1060086-001.jpg

バイクにまたがるちびっこ!
かっこいいじゃん!と親指あげると



P1060087-001.jpg

どや顔(笑)


P1060089-001.jpg

そして3人でどや顔(*‘∀‘)
似てるわー!


仲良くなった酒を注ぎまくる
陽気なにいちゃんと子供達
2人の子供はにいちゃんの子だ

P1060083-001.jpg



突然家に来た

言葉も分からない見ず知らずの外人を、

快く家に招き入れ

食事やお酒をご馳走してくれる。


この家には、電気もガスもない。
だけど、とても心が温かくなる素敵な生活を送っていた。



気付けば1時間以上経っている。


もう行かなければ。


俺は片言の英語でお別れの挨拶をした。

「サンキューベリーマッチ!」
「ベリーハッピー!!」


これを連呼した。


しょうは、持ってきていた
インスタント味噌汁をプレゼントしていた。



きっとリンとイェンの家族に会えた時の為に
持って来ていたのだろう。



日本の味、味噌汁を渡せてとても満足だ(^-^)



リンには会えなかったが、本当に楽しい時間を過ごすことが出来た。

世界一周旅行を初めて2ヶ月ほど。

突然行った現地の人の家で、手作り料理と酒を頂く。


こんな素敵な出会いは、なかなかできない貴重な体験だっと思う。



(続く)


~ランキング参加中です~
ちなみに俺は、果物の種をこっそり外に捨てました。
しょう は飲み込んでいたそうです。
貴重な体験したね!と思う方はポチっとお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪


人気記事
世界のトイレ事情 ~変わり種 トイレを一挙公開~
【動物ランキング】TOP10 ~世界のかわいい動物達~

世界一周新婚旅行ウェディングフォトはこちら!!
【まとめ】10か国記念 ウェディングフォト
↑10か国目までの、お気に入り写真を纏めています。

17ヵ国目 オーロラとのウェディングフォト
16ヵ国目ハンガリー ~ブダペスト ドナウの真珠~
15ヵ国目クロアチア ~ドブロブニク 紅の絶景~
14ヵ国目モンテネグロ ~アドリア海に浮かぶ絶景の島~
13ヵ国目アルバニア ~絶景ブルーアイで恥かいた~

世界の絶景で撮ったウェディングフォト5選
↑こちらは、【世界新聞】さんに載せていただいた記事です。
-------------------
バックパック購入しようとしている人は、ぜひ読んでみてください!
世界一周バックパック!!機能性、実用性を備えたおすすめの1品をご紹介!
バックパックとスーツケースの比較記事!

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。