スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

言葉の壁。リスニングの壁。発音の壁。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


最近久々に腸を痛めました。
てゆか、腸痛めたのおそらく初めてなんだけど。
いっつも胃だったからね。。

相変わらず山根くんが健在なあたしです(・Д・)ノイテテテテ

今日はリヴィウ振り返り第2弾。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


リヴィウの宿では、1ヶ月いたにも関わらず日本人に1人も会わず、百太以外と会話する時は英語が必須でした。
アスラン曰く、日本人はよくロフトホステルに泊まるのだとか。(プレステとかがあるらしい!)


旅の一番初めにフィリピンに1ヶ月程留学していたけど、2人旅ということもあってあまり英語を使っていなかったからか、卒業してからの旅行で使わない英語を忘れていく力は凄まじかったです。

それでも1日1フレーズとかは継続的にやってはいたけど、それを続けたところで話せるようになる訳がない、というのは1,000も承知のこと。


元々、あたしは英語が話せないのに話したがりで、短期旅行の時も現地の人や外国人旅行者にかかんに話しかけるところがありました。
人見知りの百太にはすごいね、と言われるのだけど。

それは今回の旅行でも一緒だったのですが、それでもたまに心が折れるときがあって、
「喋りかけても会話続かないしなー」
と、自らは話しかけるのをやめた時期も正直ありました。
自分から話しかけておいて、その答えを理解出来なかったら当たり前だけど申し訳ないなって気持ちがどうしても勝ってしまって。

誰かが話しかけてこない限りは百太以外と会話しない状態。
みんなと話す必要はないけど、ちょーーーもったいないことしてるなって感じていました。

最近はその時期は過ぎたのですが、長期滞在していると、簡単な質問なんてすぐに終わってしまい、そこから必要になるのは当然「会話」。

たいがい外国人とたくさん会話する時って、英語出来る日本人が近くにいることが多くてそれに助けられてきた訳ですが。
今回は自分で突破しなければいけません。

スポンサーリンク




フィリピン留学中によく使っていた言葉。
“itchy”
これは「痒い」という意味なんですが、学校付近は蚊が多かったので先生と会話する時によく使ってたんです。
ほぼ1ヶ月。

なのに、最近冬を過ごしていたということもあって、痒い環境にはなりませんでした。
久々に痒いなーって思っていたら、「痒い」って単語を調べてる自分がいたんです。


あーこりゃダメだと。


あんなに毎日使っていたのに忘れるものなんだと。


そしてあたしはリスニング力がない。
どれくらいないかっていうと、
20回に1回の確率で、”Where are you from?”が聞き取れないレベルです。

それは英語に限ったことじゃなくて日本語もなんだけど・・・。
日本語もままならないのに英語なんて聞き取れる訳がありません。
どうやったらリスニング力UPするんでしょう?


笑顔で逃げることもあれば、相手に諦められたことも何度もありました。


日本教育特有のものなのか、はたまたあたしだけかは分からないですが、文章や単語を打ってくれたら翻訳しなくても理解出来ることは結構あるのだけど。
まぁとにかく聞き取れません。


ある時、宿でネイティヴイングリッシュな旅人に会いました。
カナダ出身で今はバーレーンで英語の先生をしているそう。

「ここまでくるのすごく時間もかかったし、本当に大変だったよ〜」
と嘆いているのは伝わりました。
でも、ネイティヴすぎて、話す速さも速ければリンキングだらけ。
※リンキングとは、前の単語の最後の音と、次の単語の最初の音がつながる現象のことをいいます。
例えば、can I<キャナイ>とか、want to<ウォントゥー>とか。


バーレーンからだと飛行機じゃないの?って思っていたけど、聞き取れない部分もあったので笑顔でスルー。
次の瞬間、会話が噛み合っていないことが露呈されます。


「バーレーンって何語を話すの?」


目をキョトンとさせるカナダ人。

「え・・・?ドイツだからドイツ語。。。」


そこでハッとしました。
「バーレーン」ではなく「ベルリン」だと。

陸路で来たから移動が大変で嘆いていたんだと。
笑ってくれたけど、内心は呆れていたことでしょう。。。

「ベルリン」はネイティヴでは「バーレン」の方が発音的には近いような気がします。
リスニング力がないからそう聞こえるのかな・・・?
Rってムツカシイ。。。
※別日、ドイツ人に「バーレン」「ベーリン」と言ったらすんなり通じました。笑
同じくドイツの都市「ケルン」は、どう聞いても「コロン」にしか聞こえなかった。


そして、英語力・リスニング力に加えて発音の壁が加わってきました。


ある時、

「リフレッシュ」

という単語を使ったのですが、全然通じません。

え、英語だよね?と思って調べて単語のワードを見せたら発音がちがーう!と。
またもやRの部分ね。


フィリピンでは、英語は出来なくとも、ある程度発音に関しては先生に褒められてきたあたし。
だから発音のフリークラスは大好きでした笑
た、単純\(^o^)/

でも、それは先生のマネをするのが上手だったにすぎなかったのです。
先生がお手本を見せてくれたから出来たこと。

実践ではそんなに簡単にはいきませんでした。
Rの壁。。。

百太と生活リズムが合わなかったおかげか、毎日のほとんどを英語で話さなければいけなくなり、そんなことを繰り返しながら過ごしたこの1ヶ月、やっぱり継続は力なりなのか、いつもより勉強時間が増えたおかげなのか、少しは英語力が上がったと思います。
ほーーーんの少しだけ。


ある時、アルメニアから旅行をしているという少女とお母さんに出会ったのだけど、お母さんは全く英語が話せません。
少女が通訳になって3人で話していました。

今英語勉強中と言っている少女は、家族が話せない中でもあたしよりよっぽど英語が話せているし、ものすごく努力をしたんだなと尊敬していました。

世界一周の話になってお祭りが好きという少女は、
「いつかインドのホーリーに行ってみたい」
と話してくれて。


英語があまり話せなくてごめんねって話していると、
「あなたは英語を話せているよ」
「私たちコミュニケーション取れてるじゃない」
って。

すごく仏のように優しいことを言ってくれているのは10,000も承知。
何ならちょっと神様に見えました。
でもなんだろう、もっとポジティヴに英語に携わろう!って思えた。
英語に関してはいつもネガティヴだったから。
何事にも遅すぎることはない!


そんな彼女に英語の勉強法をきいてみると、

「ホームアローンを何回も見るといいよ( ^ω^ )」

とアドバイスをくれました。
はい、観ます!今は観れないけどね(´Д` )


ちなみに、これだけ書いたけど、英語話せなくなくても最低限知ってれば旅はできます。
私たちも今まで出来てきたし、世界一周した友達はおそらく私たちより話せません。
オーストラリアでワーホリまでしてたのに。
「英語」に興味が湧かないんだと(・Д・)ノ

それでも外国人とたくさんコミュニケーション取ってたから、友達は言葉以外の何かがとても優れていたんだと思います。

言葉以外の優れているものがないあたしは、「会話」を楽しんだりその国のことを「知る」には、やはり英語力は必要だとヒシヒシと感じている今日この頃です。
南米とか行ったらスペイン語になるのかもしれないけど。。


さ、1日1フレーズやろーっと♪( ´▽`)笑



マハロ♪



~ランキング参加中です~
宿の共有スペース定位置は、奥の壁側でした!
(うん、誰も興味ないこと・・・100,000も承知です。)


応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

------------------
【現在20ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランドウクライナ
→:空路
⇒:陸路
-------------------

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ドイツ人でも、Eiswein(アイスヴァイン。貴腐ぶどうのワインで大変甘い)と、Eisbein (アイスバイン。ドイツの豚足煮込み料理)を聞き間違えますからね。
小話があるくらいで。
日本人でキレイにウムラウト(üäö)を発音できる人は珍しいし、聞き取るのも難しいと思います。
サッカーのドイツのナショナルチームの監督さんを日経新聞などが「レーヴ」と書いているのをクレームをつけて「レーフ」だ、と投稿したことがあります。
その後日経新聞は、「レーウ」監督と改めました。
ドイツに30年住んでいる人の意見を聞いたそうです。
その他、ハノーバーはハノーファと聞こえるし、バウムクーヘンはバオムクーヒェンと聞こえます。

No title

百&しょう、こんにちは。


私も、リスニングもヒアリングもまるでダメです。
この歳ですから、学校教育のせいだと思っております(笑)文法だけの教育でしたから・・・
今から英語の勉強をする気もなくて・・・

ただ、観光地で皆さんが笑うのに、自分は笑えない、こんな事が良くありました。

南米周遊の時は、飛行機が飛ばなくなり、ツアーで良かった~~~と思った次第。
英語での交渉なんて出来ません。
全て添乗員さんがやって下さるって、楽です。

英語が堪能でしたら、もっと羽ばたいて遊び放題してる事でしょうね♪
私の強い味方は、スマホのアプリ「翻訳」です。

若いんだから、頑張ってお勉強して下さいね。

No title

はじめまして!
5月末からフィリピン留学と世界一周にいくあやのと申します。
まだ留学してないんですが記事をみてすごく共感したのでコメントしちゃいました!
私も聞き取りがとても苦手です、、、
少しでも英語に慣れるように留学がんばりたいと思います!
これからもブログ楽しみにしています♪

鍵コメさん

初めまして( ^ω^ )
コメントありがとうございます!!

実際の発音に近いものをカタカナにしていると思っていたので、こんなに違うとは・・・とビックリすることが多いです。
GODIVAがゴディバじゃないなんて・・・(・Д・)ノ

発音記号・・・やはりそうですよね。
学生時代、母親から「発音記号が分かればある程度読み方も分かるようになるよ」と言われたのにも関わらず、覚えなかった自分を悔やみます。。
Berlinのerがherと一緒だったなんて!
今まで耳コピだけでしたが発音のイメージが沸いてきました!
発音記号から勉強してみようかと思います。
良いアドバイスありがとうございます!!!
英語がどれだけ上達するか、楽しみにしていてください!笑
↑披露する場がないですが・・・
旅行も楽しみます\(^o^)/

さんかくたまご さん

コメントありがとうございます!!

ドイツ語は、英語に増して難しい印象があります。。。
でも、自国の人も聞き間違えるってすごいですね!
日本語ではそういったのはほとんどないので、難しいなぁと思うと同時になんか新鮮です!

新聞社の人もネイティヴの発音は聞き取りづらいんですかね。。
ドイツ行く前に聞いていたら実践したかったです。
バウムクーヘンをバオムクーヒェンと言いたいです!笑

ヒツジのとっとちゃんさん

コメントありがとうございます!!

え、ヒアリングとリスニングが苦手なのは意外でした!
色んなところに行かれてるので、英語得意だと思ってました!!!

> ただ、観光地で皆さんが笑うのに、自分は笑えない、こんな事が良くありました。
これ、めっちゃくちゃ分かります!!!
私も同じようなことありました。
なぜかつられて顔だけは笑ってみましたが。笑

一番困るのは南米周遊の時に起こったような緊急事態ですよね。
今まで幸いないのですが、今後あったら大丈夫だろうか・・・と思っています。
いざという時の翻訳アプリは必要ですよね。。

今日も外国人と話しましたが、やっぱり修行が必要だと改めて感じています・・・。
相づちは完璧なんですけどね♪
頑張って勉強に励もうと思います!
た、旅も楽しみます!笑

あやのさん

はじめまして( ^ω^ )
コメントありがとうございます!!

これから留学&世界一周ーーー\(^o^)/
今もうワクワクドキドキですね!
(私は時間なさすぎて準備に追われっぱなしでした)

聞き取り苦手仲間でしたか♪(´ε` )
正直、私もまた留学したいです!笑
留学期間はどっぷり英語に浸かれる唯一の時間だと思うので、浸かっちゃってください!

私もあやのさんの留学&世界一周が楽しいものになるよう応援しています♪( ´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。