スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

また、ぼったくられた( ゚Д゚) ~ハロン湾~

スポンサーリンク


ごきげんよう!百太です。

今日はハノイからツアーで行ったハロン湾について
書こうと思います!


まず、ぼったくりの定義を調べました(笑)
--------------
ぼっ‐たくり
《「ぼっ」は「ぼる」(暴利)から》法外な料金を取ること。力ずくで奪い取ること。ぶったくり
--------------
by GOO辞書


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



さて、2泊のみというかなりタイトなスケジュールだったハノイ。
ハロン湾ツアーは、ホテルで手配しました。


事前にネットで調べていた情報によると

・安いツアーだと20ドルくらいで、日帰りのツアーがある。
・変な所で申し込むと、ぼったくられる事もチラホラ
 例1、20ドルで申し込んだのに、船上でいちゃもん付けられ、数百ドル取られる。
 例2、カヌー体験が含まれたツアーのはずが、当日カヌーに乗る際に再度お金を求められる 等々



良いツアー会社を探している時間がない&宿なら安心だろう


という事で、1人30ドルという、安いツアーの1.5倍ほどの
きっと豪華なツアーに参加(笑)
※カヌー付きは35ドル!

宿の手数料として3ドル取られ33ドルでした( ゚Д゚)


ツアー概要はこんな感じ
 8時~8時半の間に、宿にバスが迎えに来る
 ランチは船上で豪華な食事!
 20時30分頃宿に戻る


写真で見せてくれたような、豪華な船で豪華なセレブランチなんだろうなー♪

なんて思いながら、安いツアーの1.5倍払った我々は、意気揚々と7時50分から宿の1Fで待機。
が、待てども待てどもバスは来ない。。。


結局 9時過ぎにバンが到着。


セレブのはずが、1時間以上も待たされた・・


そして乗ろうとすると、すでに席は満席で、補助席しかない状態。
33ドルも払って補助席に座る我ら。

セ、セレブな感じはすでにない(笑)


ひじ掛けも無ければ、背もたれが背中の半分にも届かない
それはそれは苦痛な席で、3時間ほど移動し 船着き場に到着。



P1060018-001.jpg

恒例の料金表の写真を撮りました。
自力で行く人の参考になれば何よりです! 




もらったチケットの値段を確認

P1060021-001.jpg

120,000ドン(約6~700円)

う、うむ。33ドル払った我らからすると、見たくなかった値段付きチケット(笑)



P1060025-001.jpg

そして明らかに写真で見たものとは違うであろう、船に乗りツアースタート。



P1060030-0011.jpg
一枚の皿とフォークとナイフ・・・


料理が運び込まれます!

P1060032-001.jpg

キャベツときゅうり・・・



これで終わり!?
と、思わせる時間差演出で、他の料理も出てきました。

P1060033-001.jpg

6人で一匹の魚。6人で一皿のスクランブルエッグ。
6人で一皿の揚げ出し豆腐と、モヤシ炒め。
と、ご飯。



原価がものすごく安そうな料理を、もりもり食べる我ら。
ほぼ食べない同席の欧米人達。。

もりもり食べていると、徐々にハロン湾の岩が見えてきた模様。


皆、次々にデッキに出ていきます。

もちろん我らは一番最後まで、
それはそれはお腹いっぱいになるまで食べてからデッキへ!
↑10ドル分くらい取り返したと自分に言い聞かせてます(笑)


P1060046-001.jpg


テレビや写真で何度も見ていたハロン湾。
一度は直接見てみたいと思っていた、この不思議な景色。
かっこいいー(*‘∀‘)

遠くから見ても、近くから見ても素敵でした。


1時間ほどで、カヌーやボートが待機している浮島風な場所へ。

P1060050-001.jpg


カヌーに乗って、ハロン岩の洞窟まで行けるようで
カヌーを管理している人達に5ドル払って乗る事が出来る。


不思議と、乗らなくて良いよね。という事で一致した我らは待機。


え、えぇ、、疲労してて漕ぎたくなかったんです(笑)



我らは、他のツアー客がカヌーで出かけている間
浮島の上に寝転がり、ハロン岩の上をボケーっと見ていた。
大きな鳥が優雅に羽ばたいていて気持ちよさそうだなー。

なんて鳥を見つめていると、なにやら後ろが騒がしい。


振り返ると、同じバンに乗っていたツアー客の1人の男性と、ベトナム人が揉めている。


英語は分からないが、揉めてる理由の想像はついた。


カヌー体験が含まれたツアーのはずが、
当日カヌーに乗る際に、再度お金を求められる 




例のあれだろうと。



しばらく様子を見ていて気づいたが、ツアー客は日本人だった。

憤りながら戻ってくる日本人に しょう が話かけた。


しょう「 どうしたんですか?」


男性「 カヌー付きのツアーだったのに、また金払わないと乗れないって・・・・」




やっぱりだ。




憤っていた彼。


それもそのはず。どうしても乗りたければ、もう5ドル払えば良いが
もうお金の問題ではない!
騙されれば怒るのは当然!!


百太 「ちなみにツアーはいくらだったんですか?」



男性 「17ドル」




百太 <17ドルっっ!? 我らのほぼ半額っ( ゚Д゚)>
※<>内は心の声です(笑)


百太 「だ、だ、だだ大丈夫ですよ!元気出して下さい!我らなんて33ドル払ってますから!」
 


同じツアーに倍出して参加している俺が
半額の彼を励ますという、不思議な展開となっていた(笑)



そう。明らかに我らが励まされるべきだ(-_-;)



同じ船に乗り、同じ食事をし17ドルと33ドル・・・

しかも彼はバスの普通の席に座っていた。。。
我らは補助席・・・( ;∀;)ガビーン




今回もぼったくられましたが、我らは元気にやってます(笑)

ちなみに、その後、彼と仲良くなり連絡先を交換しました!
きっとトラブって無ければ、友達になれなかったので良かった良かった!


今後ハロン湾ツアーに行く人!
カヌー込みの割高ツアーじゃなく
船着き場で5ドル払うのをお勧めします♪


ちゃおっ!

~ランキングに参加中です~

こいつらまたぼったくられてるよー!
と馬鹿にしているあなた!
ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。