スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

【騙そうとする人間】と【親切な人間】の見分け方 第2話

スポンサーリンク

ごきげんよう!百太です。

前回の続き
【怪しい男】~俺は絶対騙されないから~ 第1話

せっかく海外に来ているんだし、他の国の人と話をするのは、とても面白いし勉強になる!

だけど、今回は付いて行かなくて良かった。
俺の勘が、そう言っていた。

応援してくれる人は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

友達と飲みに行くと言っていたのに、いつまで経ってもベッドの上で転がっている男。

怪しい怪しいと思っていたが、2時間ほど経ち、ようやく宿から出て行った。

一体なんだったんだろうか・・・


そんな事を思っていると、20分ほどして、男が戻ってきた。

両手いっぱいに、お酒とお菓子を持って・・・・・

スポンサーリンク



あ。。。


とベッドの上で様子を見ていると・・・

ドミトリーのテーブルの上に、お酒とお菓子を広げ

「買ってきたから一緒に飲もう♪お金はいらないよ(*'▽')」


「サンキュー」
と応えながら、心の中で土下座をした。


ただ我らと一緒に飲みたいだけの人だったようだ。

しょう は風呂に入っていて、俺と男の2人。

一緒に行くと言っていた友達は、なんだったんだろう?と気になり聞いてみた。

「彼はもうじき、部屋にもどってくるよ!」

どうやら、同じ部屋に泊まっていた黒髪の青年の事だったようだ。


さっきはごめんね。と謝りながら乾杯した。

申し訳なさすぎて、全然飲みたくもなかったが、彼が買ってきた赤いウォッカを一緒に飲んだ。
初めて飲んだチェリー味のウォッカ。

かき氷のイチゴシロップの原液をウォッカで割ったような、それはそれは甘ったるいだけの強い酒だったが、罪悪感からか勧められるがまま飲んだ。

その後、しょうが加わり、黒髪の青年。そして金髪の青年も帰ってきて、部屋の全員で飲んだ。
とても楽しかった(*'▽')


今回俺の勘は、完全に外れた。


過去にも、こんな感じで断った事が何度かあるが、行っていれば楽しかったのかもしれない。

きっと楽しい機会を、何度も逃しているし、今後も逃すんだと思う。

だけど、それはそれで良い。と思っている。


申し訳ないから、今後はきつくは言わないけど。


騙そうとしてくる人間と、本当に親切な人間の見分け方。
それは本当に難しいと思う。

前回の記事でも書いたが、声をかけられた場所や状況で、ある程度判断がつく事もあるけど、それは100%ではない。

今回の彼は、宿で出会った人だ。

道端で声をかけてきた人や、飲食店で声をかけてきた人よりも、信頼度は高い。

その他にも、色々と条件はある。
だけど100%ではない。

例えば悪い話をよく聞くインドでは、ラージ・カーンと名乗る男には注意しろ。
という話が有名だ。

インドのラージ・カーンは、日本でいう佐藤一郎のように、珍しくない氏名のようだ。

名乗った名前がラージ・カーン。
SNSを交換してくれない。
写真を撮らせてくれない。

この3拍子がそろえば、99%で騙そうとしてくる人のようだ。

SNSや写真から、証拠になるから嫌がるんだろう。

少し気を付けている人なら、この情報は知っていると思う。

ただ俺が思うのは、

騙す側の方が有利だよ。

という事。
コンピューターウィルスにしろ、オレオレ詐欺にしろ。。。

どんなに対策ソフトを作ったって、すぐに新しいウィルスが作られる。
オレオレ詐欺なんて、もう何年も前からあるし、TVで手口だって紹介しているけど、毎年多くの人がひっかかる。

守る側(対策する側)は、実際に起きた手口に対しての対策等をするけど、騙す側は、手口が知られて来たら、新しい手口にすれば良いだけだからね。
事前に調べていったって、新しい手口だったら分からないからね。



ラージ・カーンじゃない名前で言われたらどうする?
日本でいう 鈴木次郎 みたいに珍しくない名前でも、ラージカーンじゃなかったら安心しない?


さらにSNS交換してくれたら?
騙す側からしたら、偽名のSNSぐらい用意してくるんじゃない??

むしろ、名前がラージ・カーンじゃなくて、SNSを交換してくれて、写真を撮らせてくれたら・・・

この人は信用できる人だ!とならない??


俺は少しでも怪しいと思うと、誘いには乗らないようにしている。
特に注意しているのが、店へ連れていこうとする場合と、車に乗ってと言われる場合。

要するに密室だ

だからお酒の話も、だいたい相手が指定する店に 入らないといけない 状況になるから断る。


出会った旅人に、そんな話をすると、決まって言われるのは

「もったいない」

言っている事はよく分かる。
今回も、怪しいと思っていた男は、普通に良い人だったから。

異文化交流できるチャンスを、自ら潰しているのは分かるし、残念という思いもある。

もったいないと言われ、俺が返すのは

「もし悪い人だったら大変じゃん!?」

それに対する ほとんどの返答は

「話をしてみた雰囲気とか、経験とか勘で決めますね」


俺はいつも思う。

今までに被害にあっている邦人は、本当にたくさんいる。
もちろん防げないものもある。
あまり危険報告の無い街を、昼間歩いていたらいきなり殴られる。
こんなのは防ぐのが難しいと思う。

だけど防げる被害も多い。

結果的に見れば、防げた被害なのに、発生してしまったのは

被害者が

話をしてみて雰囲気とか、経験とか勘で


大丈夫と判断した人に、騙されたから。



なんか少し怪しいな。でも楽しそうだな・・・
と迷っている時。
俺は今回の旅では、絶対に行かない。

1人旅や、男同士の旅なら行く事もあるかもしれない。でも今回は しょう を連れている。

楽しい事が待っているかもしれないけど、それを捨てて、危険も排除している。



夫婦やカップルで旅をしている男の人。
複数の男に囲まれて、奥さんや彼女を守りきれますか??

女性同士の旅や、女性1人旅の人。
前回大丈夫だったから!今回もきっと大丈夫!
そんな風に思ってませんか!?


楽しい事が減っても、

死んじゃったり、一生心に傷を負うより良くないですか?


くどいようだけど、過去に被害にあってしまった人も
雰囲気とか、経験とか勘で大丈夫と判断してるはず。


少しでも怪しいと思ったら、

密室となる車に乗らない。
その人の勧める店に入らない。(特に夜)

このくらいの事でも、だいぶリスクは減ると思う。

車に乗る前に・・・
密室となる怪しそうな店に入る前に・・・
一度家族の事や、友人の事を考えてみてほしい。


だいぶ話はそれたけど、騙そうとする人と、親切な人。

完璧に見分けるなんて、不可能というのが俺の見解!


ちゃおっ!

ランキング参加中です
面白かった!役に立った!応援したい!と思ってくれた方は、下の写真をクリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

スポンサーリンク



------------------
【現在19ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランド
→:空路
⇒:陸路
-------------------

【おすすめ記事】
関連記事


トラブル発生記事はこちら!
【また盗難!?】悪夢再び・・・
↑ウクライナでパソコンを盗難された話
地獄の始まり(前編) ~お尻からミネラルウォーター~
↑俺がインドで体調不良になった日の記事
盗難!? ~貴重品一式紛失(PC、カメラ、カード、現金、etc)~
↑インドで貴重品一式盗難にあった日の記事

【初の病院へ】押し寄せる不安と後悔
↑しょうが体調不良になり、初めて海外の病院を受診した記事

海外から安く国際電話をかけるおすすめの方法
↑海外でお得に簡単に自分のスマホから、国際電話をかける方法の記事
海外旅行保険を使い病院で受診する際、知っておくと良い情報

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは^^

映画「仁義なき戦い」で、菅原文太が「追われるやつよりも、追うやつのほうが強いんよ」とか言っていましたが、そりゃあだますという観点から積極的に迫ってくるほうがどう考えても有利ですよねぇ。

相手のルールで試合をしているようなものですから、将棋で例えると、どう指すかではなく、将棋の盤をひっくり返す(相手に付き合わない)ってことを念頭に置いて行動しなければいけませんね^^

とても勉強になりました。ありがとうございました^^

No title

こんにちは。

日本でも危険はいっぱいありますが、海外は危険が隣り合わせですね。
二人なら心強いと思っても、危険は変わりません。男性だけでも多数の人に囲まれて金品を強奪された人を知っております。

でも海外は憧れます。
この歳でも、年1回ぐらいは一人だけで海外に行ってきます。ただそれでも安全な国を選びます。安全と安心はお金で買うものだと思って、それなりのホテルに泊まり、ホテルからの安全なタクシーを使っております。
神経は帰国するまでピリピリでございます。

でもやっぱり楽しい海外旅行。
記事と写真を見ながら空想旅行をしております。いつか自分も言ってみたいなぁ・・・・と!!

八咫烏さん

こんにちは(^-^)
コメント有難う御座います!!

> 映画「仁義なき戦い」で、菅原文太が「追われるやつよりも、追うやつのほうが強いんよ」とか言っていましたが、そりゃあだますという観点から積極的に迫ってくるほうがどう考えても有利ですよねぇ。

そうなんですか!
仁義なき戦いでそんなセリフがでていたとは!

特に海外に居ると、完全に相手のルールですもんね。

TVでオレオレ詐欺の特集みたいなのを真剣に見たことがあるんですが、びっくりするほど手が込んでいて、驚いた事があります。
なんで毎年多くの人が騙されちゃうんだろう。。。とか思っていましたが、あのTVを見て、自分が騙されたときに絶対大丈夫かと言われると自信がないくらいの綿密に計算された手口でした( ゚Д゚)

日本でさえそうなんだから、海外という相手の土俵だったら尚更ですね!!

ヒツジのとっとちゃんさん

こんにちは!
コメント有難う御座います(^-^)

> 二人なら心強いと思っても、危険は変わりません。男性だけでも多数の人に囲まれて金品を強奪された人を知っております。

男同士でもやっぱり被害にあいますよね・・・
金品だけならあきらめもつきますが、取り返しのつかないこともありますもんね。

> この歳でも、年1回ぐらいは一人だけで海外に行ってきます。ただそれでも安全な国を選びます。安全と安心はお金で買うものだと思って、それなりのホテルに泊まり、ホテルからの安全なタクシーを使っております。

1人旅素敵ですね~♪
たしかに少しのお金をケチって危険なタクシーや、セキュリティの不安なホテルに泊まるより全然良いですね(^-^)

> 記事と写真を見ながら空想旅行をしております。いつか自分も言ってみたいなぁ・・・・と!!

そういって貰えるととってもうれしいです(*´Д`)
もっと良い写真撮って、もっと素敵な文章書こうってやる気がでます♪



その意見、わかります。

初めまして。
僕らも夫婦で旅しています。

この意見、わかります。
ましては、僕は男で、奥さんと一緒ですからね。

これからもお互い気をつけて、旅しましょう。

Takaさん

初めまして!コメント有難う御座います!

旅をする高木 No travel, No life さんですね(^-^)
ミャンマーのインレー湖行くときにブログ参考にさせてもらいました!
その節は有難う御座いましたm(__)m


2人だから安心できる部分もありますが、逆に夫婦の二人旅だからのプレッシャーもありますよね。

お互い楽しく旅して、無事に帰国しましょう!!

まじですか!

百太さん

まじですか?!
見てくれたんですか、ブログ。
かなり、嬉しいです(^-^)

僕ら、今、多分、お二人のいる場所と近いです。

また、どこかで会えたらと思います。

ありがとう!

まじですか?

百太さん

まじですか?!
ありがとうございます。

僕らのブログ見てくれてる人、初めてです!

今、僕らはお二人のいる場所と近いと思います!

お会いできたら、幸いですね。

ありがとうございます!

takaさん

コメント遅くなりましたm(_ _)m
今いる宿からだと、なぜか制限がかかってコメント書けなかったので、、


銀色の阿修羅見つけた時はテンションあがりました(笑)

何処かでばったり会えたら面白いですね!
その時はよろしくお願いします^_^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。