スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

花模様の楽園「ザリピエ村」観光!おばあちゃん家にお邪魔した。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


やっとの思いでたどり着いたザリピエ村。

↓前回記事にザリピエ村へのバスでの移動、行き方を書いています。
ザリピエ?なにそれ?かわいいの?【クラクフからザリピエ村の行き方】


思いっきり観光するぞーーー!!!
さ、寒いけど。ブルブル

可愛いザリピエ模様の家たちがメインなので、今回は文章よりも写真多めです。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


バスを降りてすぐ、こんな可愛い花模様がお出迎えしてくれました。
01-P3090171.jpg


道の標識までお花。
06-P3090205.jpg


歩いていくと、お家発見。
21-P3090188.jpg

24-P3090436.jpg

25-P3090441.jpg

12-P3090448.jpg


営業していないであろうBARがあったり。
02-P3090183.jpg


今までいくつか教会に行ったことがあるけど、こんなPOPな教会は見たことがありません。
04-P3090194.jpg

05-P3090200.jpg

14-P3090203.jpg


きっとこの犬は可愛い花模様の小屋に、住んでいることに気づいてないんだろうなぁ。
03-P3090189.jpg

そういえば、ザリピエ村のほとんどの家で、犬が飼われていました。
理由は完全に憶測ですが、写真を撮りに来る人が多いから、その対策ではないかと。。
その人たちは、普通に住んでいるだけですもんね。

だから写真撮らなくても家を通るたびにめっちゃ吠えられますヽ(;▽;)ノ
遠くから近づいてくるだけで匂いを感じるのでしょう。
だけど、敷地内に誰かが勝手に入っても犬が吠え続けてくれれば分かるので、セキュリティー面ではとっても良い方法だなと。


これは、1つの家が庭に作ったのかな?
10-P3090444.jpg

11-P3090446.jpg
もはやアート作品だ。


ぽんぽん写真載せてるので、ぽんぽん家があるように見えますが、村だからなのか、家と家の間隔がとっても広いです。
村のほとんどはこういった景色でした。
1-P3090175.jpg

小さい村だけど家と家がめっちゃ遠い。涙
春秋とかは気持ちよさそうだけど、冬はなかなか寒いです。

カフェとかも閉まってたりするので(見つけられなかっただけかな?)、冬に来る場合は防寒具必須です。
もし水筒があるなら、暖かい飲み物入れてきたらいいと思います!
私たちはひたすら凍えながら歩いてました。涙


スポンサーリンク



すると、一軒のザリピエ家を発見。
15-P3090209.jpg

声が聞こえたのか、おばあちゃんが出てきて手招きをして呼んでいる。

お言葉に甘えて入ってみると、庭からもうすごい。
2-P3090219.jpg

木にまでペイントがしてある^ ^
23-P3090420.jpg

18-P3090424.jpg

おばあちゃんが家に入れとジェスチャーするのでお邪魔することに。

家の壁のペイントもまた繊細。
07-P3090216.jpg

家に入った最初の感想。
人間の本能により「あったかーーーい♪( ´▽`)」だったけど、家の中のペイントもすごかったんです。
09-P3090228.jpg

08-P3090222.jpg

ちょっと生活感でちゃってる1枚。
3-P3090237.jpg

枚数多すぎて全部は載せきれないけど、もはや観光客向けに作られている感じだった。

というのも、おばあちゃんは杖を使えば歩けなくはないんだけど、足が不自由。
訪問販売で購入していたのを見た。
そもそも歩ける距離にスーパーもなさそうだけど、おそらく行けないのだろう。
これも憶測でしかないけど、だからこそ家に観光客を招き入れて稼いでいるではないかと。

家のペイントを見ると、よくここまで作ったなーと感心させられる。
ここまで作るの大変だっただろうなって。

何より、体が不自由でも稼ごう!としているおばあちゃんの姿はすごいと思った。
ちなみにすごくいいおばあちゃんです( ^ω^ )
英語ほとんど喋れないけど。


ぜひザリピエに来る際は、このおばあちゃん家を訪ねてみてください!
一応家なので地図に載せていいものか分からないのだけど、教会の近くです!

写真撮影代は10PLNです。
家には情報ノートがあり、結構日本人もこのおばあちゃん家に訪れてるみたいでした。

この後、ザリピエ博物館にも行きましたが、個人的にはおばあちゃん家の方が好みでした。
いっぱい写真を撮影し、大満足で帰ろうと思ったその時でした。


腰に違和感が・・・

おばあちゃん家ではしゃぎすぎたかな。
歩きすぎたかな。

もともと高校生の頃、スーパーのレジでバイトしてた時に腰をやられ、それ以来腰痛持ち。
だからずっと立っていたりすると腰が痛くなることはあることだった。


それにしても、

腰が、痛い。。。


この違和感は痛みと化し、増していくいっぽうでした。

今日の夜はクラクフの旧市街でやっているかもしれない屋台を見に行こうと話してたのに。

行けるのかな。



マハロ♪



~ランキング参加中です~
おばあちゃんは、しばし「ダー!ダー!」言ってました。
なんだろうって思ったら"YES"の意味なんですね。
ちなみに"NO"は「ニー」です。

応援ポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

------------------
【現在19ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェードイツポーランド
→:空路
⇒:陸路
-------------------
【関連記事】
【クラクフからザリピエ村の行き方】
↑クラクフから、ザリピエ村までバスで行った時の悲惨なお話

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

こんばんは!
これはたしかにかわいい~♪
バス亭の花の「おっ。」からだんだんエスカレートしていく感じですね~(笑)犬小屋に教会、そしておばあちゃんの家は圧巻です。
こういうのって家の人が全部ペイントするんでしょうかね~?

alulu さん

コメントありがとうございます!

花模様かわいいですよね♪
おそらく家の人が書いているのではないかと思います!
昔、煙突のある暖炉がなく、冬になると天井や壁がすすだらけになったそうなのですが、それを覆うためいつしか花模様が描かれるようになったそうです。
毎年コンテストも開かれているみたいですよ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。