スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

我らはなんて持ってないんだろう・・・でも、諦めないで!

スポンサーリンク

ヤッホー!しょうです。


前回の続き。


「我らはなんて持っていないだろう。」

これがその時の正直な感想。

明日は曇りで、オーロラレベルも2の予報。

もはや会話は
「明日は見れるのかなー?」
だった。


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「トロムソに戻る」=今日のツアーは終わり

を意味する。


自然現象だから仕方がない。
頭では分かってはいても、乗客全員が期待を込めて参加しているツアー。

天気もほぼ晴天だった。
車内全体がどんよりムードとなり、会話をしている人はほとんどいなかった。
フィンランドでは-20度を超えた寒さにも関わらず、ずっと外で待機している人も多かったから、疲れも出てきているのだろう。


私たちはバスの中で最初、ブラジル人の女の子2人と、中国人の女の子1人と話していた。

ブラジル人の女の子達は本格的な一眼レフを持ってきていて、
最初の拠点でもフィンランドでもずっと外でスタンバイしていた。
彼女達はガッカリ感と疲労困憊からなのか、帰りのバスでは眠ってしまっていた。

中国人の女の子も服装からカメラから完璧な装備。
だけど、明日にはトロムソを出なければいけないとのこと。

ここのツアーは見れなかったら翌日半額というサービスを行っているけど、それにも参加出来ない。
何が何でも今日見たいはずだ。



・・・時は遡り、極寒のソフィア滞在中。

のぞみさんという世界を一人旅をしている女性に出会った。
お話出来た時間はわずか2~3時間程度なものだったのだけど。
のぞみさんはこれからバルト3国に向かい、北欧の南部にも行く予定とのこと。
「それならトロムソでまた会いましょう~!だいぶ北だけど」なんて話していた。


ノルウェーに渡る2日程前。
トロムソにいるのぞみさんが!!!笑
しかもキレイにオーロラ見れてるーーー!

どうやらこっそり私たちと日程を合わせようとしてくれたそうなのだけど、そうすると何もかもが高くなって合わせられなかったらしい。
残念。。


そんなのぞみさんからは

「諦めないで!」

と真矢みきさんのごとくアドバイスをもらっていた。

「きっと観れるよ!」
と。


かつて、あたしも百太に
「諦めたらそこで試合は終了だよ!」
と結局最終巻まで読んでいないスラムダンクの安西先生になったことはあったけど、この時ばかりは試合終了状態。

その原因は、見れるのが当たり前でしょう状態にあった自分達のせいだ。

トロムソ到着前に飛行機の中から観れた。
数日前に滞在したのぞみさんも観れた。


だけど、頭のどこかでのぞみさんの「きっと観れる」を信じてる自分もいた。
話を聞くと、のぞみさんも観れるまでに結構苦労していたからだ。



帰りのバスの中、眠くなりながらも窓に張り付いて見る。
このくらいしか出来ることはなかった。


フィンランドから走行すること1時間くらい経過した頃。

話していた中国人の女の子が「オーロラ!」と叫びだした。

窓からオーロラが見えたらしい。

勢いよく止まるバス。
急いで皆外に出てみるも、一瞬の出来事だったのか、すでにオーロラの姿はなかった。

その子は申し訳なさそうにしていたけど、こればかりは仕方ない。

彼女には今日しかチャンスがない。
本気で「観たい」想いが伝わってきた。



ほんの少しの可能性を信じ、そこからもまた窓にへばりつく私たち。
バス車内を見る限り、中国人の女の子と私たち以外は完全に諦めてたと思う。



さらに走行すること1時間。

時刻はもう0:30を回っていた。

予定では1:00くらいで終わるツアー。
もう終わりが近づいていた。


その時。


スポンサーリンク



「オーロラ!!!」



普段冷え性で心配性で、公共交通機関では静かにね!
と言っているあの百太が叫び出した。

その声でザワザワ起きる乗客たち。

レベルは分からないけど、そこには確かにオーロラが見えていた。
もはやレベルなんてどうでもいい。


乗客全員で

「Stop!!!」

運転手に聞こえるようにみんなで何回も大声で叫ぶ。


だけど、バスはなかなか止まらない。


みんなは止まらないバスにイライラし始めたのか、

「Stop!!!」

を繰り返している。


もう予定時間過ぎちゃうからなのかなって思ってたけど、単に止めれる場所がなかったようだ。



やっと車が止まった。

いつ消えてしまうか分からないオーロラ。


止まった瞬間、全員がツアー中で一番機敏にバスを降りだした。


私たちもオーロラをバックにウェディングフォト撮影をしたい。

何が何でも撮りたいんだ!!!


特に荷物もない身軽なあたしは即座にカメラマンの元へ向かった。
今回のウェディング撮影はカメラマンさんに撮影してもらおうと決めていたのだ。


カメラと三脚の準備をしていて、少し遅れてバスから出てきた百太をすぐ呼び寄せる。



すると。



百太はとんでもないミスを犯していた事に気づくこととなった・・・。


マハロ♪


~ランキング参加中です~
次回はいよいよウェディング撮影!
どんな写真が撮れたのか・・・

本日もポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。 ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪
------------------
【現在17ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリーノルウェー
→:空路
⇒:陸路
-------------------


関連リンク
オーロラを見る確率を上げる4つの方法

オーロラウェディングフォトのページ

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

やっときたチャンスにどんなミスを⁉

最近やっとスマホにかえまして、キレイに見えるようになった写真に毎日わくわくしてます(´∀`)

さーさん

おぉぉ!スマホに変えられたんですね\(^o^)/
ワクワクしてもらってありがとうございます(*^^*)
でも私はiPhoneでしか撮れない…モゴモゴ…ということは置いておきますね_| ̄|○笑

あのですね、やっときたチャンスなんですが、不意打ちに来たチャンスでもあり、百太もだいぶ焦っていたようです。。
明日その詳細が分かるので楽しみにしていてください\(^o^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。