スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

モンテネグロ(ブドヴァ)からハンガリー(ブダペスト)へ!【移動と行き方】

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


快適すぎたモンテネグロ生活。

セルビアを素通りして、次の国ハンガリーに向けて移動です!


※この日記を読めば、下記もあわせて分かります
モンテネグロからセルビア(ブドヴァ/ポドゴリツァ から ベオグラード)
セルビアからハンガリー(ベオグラード から ブダペスト)


↓Please Push!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブドヴァ。
色んなところに行きやすくて便利な場所です。
個人的にはここ拠点はオススメ!

ドブロブニクにも直通のバスも出てるし、コトルも遠くない。(行かなかったけど)
ハンガリーに向けての拠点、セルビアのベオグラードに行くバスも出ています。


私たちが今回ハンガリーに向けて通ったルートはこちら!

1. ブドヴァからセルビアのベオグラード(Beograd)へ <夜行バス>
2. ベオグラードからハンガリーのブダペスト(Budapest)へ <鉄道>

セルビアは本当に素通りです・・・

アルバニアからモンテネグロより全然簡単!


でも、でもですね。
ちょっとだけ・・・いやだいぶ後悔してます。

ブドヴァから1時間程のバール(Bar)からベオグラードまでの鉄道が出ているのですが、
ここの景色がすこぶる良いという噂。

バール鉄道。

聞いたことありますか??

ヨーロッパ景勝路線らしいのですが、うん、絶対に絶景。
夜行バスに乗ってすら、昼間見たら絶対キレイだろうなーって思いました。

といってももう遅いので、仕方ありません。

乗ってないから詳細は分からないけど個人的推奨は、

1. バールからベオグラードまで <鉄道>
2. ベオグラードからブダペストまで <夜行バス>


です!!!笑


景色なんていいや~なあなたのために。笑
今回私たちが行ったルートの詳細を説明しますね。


1. ブドヴァからセルビアのベオグラード(Beograd)へ <夜行バス>


料金:22.5ユーロ(約2,850円)
※トランクに荷物を入れる場合、1ユーロ/1個。

所要時間:約12時間

ブドヴァのバスターミナルのトイレ:0.3ユーロ


まずブドヴァでチケット購入。

その前に。
ブドヴァのバスターミナルはここです!
【ブドヴァバスステーションの地図】
1-IMG_9122.jpg

まず時間。
前日に確認に行ったら17:00発と言われました。

でも、電光掲示板には
7:15,8:15,17:00,18:00,19:20・・・と、結構書いてあったんです。

でもスタッフさんは

「17:00だ( ̄  ̄)」

の一点張り。
仕方なく17:00発に乗ることに。

閑散期だからなのか、スタッフさんがただ面倒だったからなのかは分かりませんが、時間を選ぶ権利はありませんでした(笑)

夕方発だったけど、バスに乗りながらも景色がいいんです。
1-IMG_7883.jpg

2-IMG_7895.jpg
あ”ーーー本当に鉄道にすればよかった!!!


18:30、ポドゴリツァ(Podgorica) バスターミナル着。
19:00 出発。

ポドゴリツァのバスターミナルのトイレ:0.4ユーロ


最初は人が全然乗っていなかったので、4列使ってふてくされて寝たり寝たり寝たり。
結構自由なバスでした。


20:40、休憩。
トイレ:0.5ユーロ


国境までに何回かバスは止まり、たくさんの人が乗車してきました。
私たちはお行儀よくすることにしました。
↑小学生か笑


22:00、国境到着。
バスから降りることなく、10分程度でバス出発。

0:00頃、休憩。
レストランにて。
トイレは無料でした。

5:00、ベオグラード駅近くのバスターミナル到着。

到着場所はここの青ポチです。
【ベオグラードバスステーションの地図】
8-IMG_9110.jpg

鉄道駅までは徒歩5〜10分あれば到着します。


2. ベオグラードからハンガリーのブダペスト(Budapest)へ <鉄道>

料金:1,861ディナール or 15ユーロ(2等 自由席)
  ※カード使えます!

所要時間:8時間40分(列車によって違うかも)


休むことなく、ここから電車での移動です。
結構ハードです。笑

鉄道の時間ですが、前もってこのサイトで確認しておくと時間が分かって便利です!
http://www.polazak.com/en/timetable/bus
↑バスって書いてあるけど電車も出てきますよー。

ちなみにちなみにちなみちゃん。
ブダペスト東駅ってよく聞くと思いますが、ブダペストがつく名前の駅っていくつかあるんです。
ブダペスト東駅は「Budapest Keleti」というのでご参考までに!


私たちは事前にこれで7:20発の電車があることを分かっていたので、駅に向かいチケット購入。

セルビアは通過のみ。
セルビアの通貨を持ちたくなかったのでカードで購入しました。
↑シャ、シャレじゃないよ(・∀・)

座席指定もプラス料金を払えば出来るらしいけど、
「する必要ない!」とスタッフの方に言われたので自由席にしました。

駅構内にはATMもあります。

さて。バスステーションから駅に移動し、切符を買ったこの時 5:30。


寒いから暖かいところに入りたいし疲れてるから座りたい。
売店は営業してるところが数店舗あったけど、全然飲食店は開いてません(´・Д・)

駅のスタッフさんに聞いたら、

「ここら辺は7時くらいにならないとお店開かないわよ」

とのこと。

1km先にマクドナルドがあるらしいけど、24時間じゃないらしい。
(確認はしてないので分かりません)

しかも私たち、セルビアのお金もってません。
30分歩いてお店探したけど、これといったお店は見つけられず。。
本当に首都なのかベオグラード!

すると、閉まっていた駅構内のカフェに光が!
どうやら6時からオープンするようです。
そしてこのお店、ユーロ使えます\(^o^)/
Wi-Fiつながります\(^o^)/
素直に駅内のカフェが開くのを待つのが得策ですね。

ただ。トイレは有料です。(20ディナール/ユーロでも可)
電車にトイレあるから我慢するのがいいかも。


7:00。
電車は既に到着しているので、お菓子を買い込んで乗り込みます!
3-IMG_7900.jpg

インド以来の鉄道。ワクワク。
しかもインドみたいに鉄道が青い!!


しかーーーし!
既に乗ってるわ人。
いい感じの個室風があったんですが、既に先客が荷物を置いててほぼ埋まってましたヽ(;▽;)ノ
6-IMG_7904.jpg
↑これが一番下の等級ってすごいね。
もちろんここも自由席のチケットで乗れます。

もうちょっと早めに電車に向かった方が個室風な席は取れると思います。

個室は取れなかったけど、快適!!(等級は一番下の2等ですが)
5-IMG_7903.jpg


7:20、定刻通り電車出発。

特に絶景ポイントはなく。。
のどかな景色ですけどね( ^ω^ )
個人的には、こここそ夜行バスでいいやって思いました。

国境も難なく終わり、16:00頃定刻通りにブダペスト東駅到着。

よく遅れるって聞いてたけど、全く遅れずに到着しました!

そしてこの鉄道、ブダペスト東駅が終着駅じゃないこともあるので、地図や掲示を確認するのがベターですよ!


そうそう、ブダペスト東駅。
駅もキレイで。
駅だけでもうヨーロッパ。笑
7-IMG_7909.jpg


とゆことで無事、16ヶ国目のハンガリーに入りました!!!

夜景が綺麗というブダペスト。
楽しみだ!


マハロ♪



~ランキング参加中です~

夜行バスでもそこまで寝れなかったあたし。
鉄道で百太がいびきをかいている横でずっと起きてました。
なんか目が冴えちゃう時ってありますよね。

本日もポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪


-------------------
【現在16ヵ国目】
フィリピンベトナムラオスタイミャンマータイ②インドUAEエジプトギリシャトルコブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアモンテネグロ②ハンガリー
→:空路
⇒:陸路
-------------------


【関連リンク】
下記にバスでの移動方法についてまとめています。
値段や時刻表、地図などもできる限り載せていますので、ご参考にどうぞ!


ソフィアからスコピエへの移動 行き方

スコピエからオフリドへの移動 行き方

オフリドからベラト ティラナ ジロカストラの移動 行き方

ベラトからジロカストラの移動 行き方

ジロカストラ サランダからブルーアイへの移動 行き方

アルバニアからモンテネグロへの移動 行き方

モンテネグロからドブロブニクへの移動 行き方

モンテネグロ(ブドヴァ)からハンガリー(ブダペスト)への移動 行き方
※上を見ればモンテネグロからセルビア(ブドヴァ/ポドゴリツァ から ベオグラード)
セルビアからハンガリー(ベオグラード から ブダペスト)もわかります。


-----------

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

ちなみちゃんというワードだけでちょっとドキッとしちゃったじゃないですか!
気持ちワルシャワといい、最近飛ばし気味ですね!笑

ぼっちくん

このちなみちゃんワード、これからも継続的に出す予定だからディズニーランドの隠れミッキーみたいに楽しみにしてて♪笑

気持ちワルシャワは3人だけの秘密ね!何があっても墓場まで持っていくんだよってあれだけ言ったのに!!
晒された〜晒されたわ〜笑
きっとこのコメントは誰にも読まれてないだろう期待を込めて、また新たなワード探しておくね(・∀・)

No title

そんなに各国を回っていられるのは、言葉や文字が読めるのですか?

よしおさん

コメントありがとうございます!

唯一抵抗のない言語といったら英語ですが、その英語もたいして・・・いや、ほとんど喋れません。
旅しながら勉強している感じです。
でも、話せなくても必要な単語さえ分かれば、不思議となんとか回れるんです!
英語が通じない場所が一番苦労します( ;´Д`)

ただ、ぼったくられないように、タクシーやバスに乗るときはインターネットで事前に情報収集しています。
インターネットが普及していない頃に比べると、比べものにならない程旅がしやすくなってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。