スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

マケドニアを東南アジアと感じる「5つの理由」とスコピエからオフリドへの行き方

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。



マケドニアに来てまだ数日。
なのに、なんだか懐かしい気持ちになりました。

何でだろう?って思ったら、
東南アジアを思い出していたことに気付きました。


ということで、
今回、独断と偏見で今回そう思った理由を勝手に書いていきます。笑


あ、今日はひな祭りだ!!!
雛あられ食べたいなー。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



閑散としていた首都、スコピエ。

中心街に行けばお店も結構たくさんあって、
それなりに賑わっていました。

でも東京のような混雑はなく、
もし東京に来たら
人の多さに気持ち悪くなってしまうんだろうなー
なんてことを考えてました。

はい、余計なお世話です。(・Д・)ノ


今回はここら辺の地域の情報が少なめなので、
今回移動する、スコピエからオフリドまでの行き方も最後に書いちゃおうなんて思っています。

はい、余計なお世話・・・っヽ(;▽;)ノ



1.道端の人を乗せて行くバス。


今回ミニバスでしたが、
道端でどんどん乗ってくるわ人。人。人。

日本では、バスはバス停から乗りますよね。
インドやエジプトの長距離バス、
ヨーロッパでも基本バス停から乗ります。


しかし。
東南アジアではバス停を出発したと思ったら、すぐ近くの道で止まり人を乗せていきます。


なぜ、なぜこの近距離でバス停まで来ない?


最初は不思議だったけど、人間慣れるもので何とも思わなくなりました。

ミャンマーでバスが発車して1時間半、
まだ半径500m以内をうろうろされた時はさすがに怒りに変わったのが懐かしい。


2.タバコを吸いながら運転するバスの運転手。


これも東南アジアでは結構見た光景。

しかーーーし!

ヨーロッパなのに?
運転しながらタバコ吸っちゃう!?


ここら辺はとても喫煙率が高い。

意外かもしれないけど、
ブルガリアでも老若男女問わず喫煙者がたくさんいました。

うーん、これまた意外。


だけどブルガリアのバス運転手さんは、
さすがに運転中には吸ってませんでした。笑


3.客同士が話し出すバス車内。


ヨーロッパに入ってから、
バスに乗って話している人はよく見かけるけど、
他人同士が話しているのは見たことがなかった。
やっぱり先進国程「個」になってくのかな。

でも、東南アジアはバスなどでも
初めて会った人同士楽しそうに話しているのが印象的だった。
最初は知り合いかな?って思っていたけど、多分違う。

日本では、特に都会ではありえない光景。
一期一会を感じて、とてもいいなと思っていた。

それが、まさかマケドニアに入ってからも見ることが出来るなんて。


4.乗車時間次第で種類も値段も変わるバス


行き先同じなのに、乗車時間によって金額が異なるんです。

例えば、
10:00発だと大きめのバスで520ディナール(約1,000円)。
11:00発だとミニバスで450ディナール(約900円)。

VIPとそうでないもの、の違いだったら分かるんだけど、
特にそういう差別化は図っていないように感じました。


こんなの・・・

地元民じゃないと分かりません。(・Д・)ノ



そもそもミニバスに乗るのも東南アジア以来でした。
IMG_1910.jpg
でもベンツ。

インドもエジプトも長距離は大きなバスだったなー。
あ、インドの中距離バスはそうでもなかったか。

ミニバスは小さいしリクライニングもないし肘かけもないけど、なんか嫌いじゃないんだよね。
1-IMG_6964.jpg


5.歩いていると話しかけてくるタクシー運転手。


ギリシャに入ってからというものの、
道端で声をかけられることはなくなりました。

トルコでは土産店から「コンニチハ!」「チョットダケ!」なんてあったけど、
タクシー運転手からはなかった。
(そもそもほとんどタクシーを見なかった)


それが、スコピエでは駅前を歩いていると

「タクシー!マイフレンド!」



わーーーー。

な、懐かしい響きヽ(;▽;)ノ


決してしつこくはないんだけど、
少しだけついてくる運転手。

オフリドまで行くと伝えると、
「タクシーで連れてってやるよ!安いよ!」

なんて冗談も言ってくる。


決してしつこくはないんだけど、
タクシー乗り場近くだと色んな人に言われるから、だんだん面倒になってきます。笑


でも、
「ここらへんにパン屋ある?」
話をそらして聞くと、親切に教えてくれる優しさ。

きっと、マケドニア人の半分は優しさでできています。





い、以上、、、どうでしたか?笑


今回東南アジアと書いたけど、
これは多分東南アジアに限らず、発展途上国ならではのような気がしてます。


「ヨーロッパ」。
この言葉の先行イメージが強すぎてそのギャップに驚きました。

もちろん、建物とかは東南アジアよりもしっかりしてるところが多かったし、道も整備されてます。
トイレだってそれなりにキレイ。

だからまんま東南アジアって訳ではないんだけど。


やっぱり自ら行って感じないと、分からないことはたくさんあるんだなと。

当初行く予定になかった国だけど、これを感じれただけでも行って良かった。


国民性なのかな、フレンドリーな人が多いです。

こんなユルい感じなのに、
意外や意外、スコピエからのバスの発車時間は正確でした!笑



なかなかこの国、面白そうです。



マハロ♪



~ランキング参加中です~

実は、百太のタキシードには蝶ネクタイがついていて毎回つけています。
映らないのが残念すぎるのだけど。。
でも、収納の問題なのか最近リボンがよれてきました。
湿気で治るものなんでしょうか。

本日もポチッとお願いします( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スコピエからオフリドまでの行き方
2016.02現在

場所:鉄道スコピエ駅前にあるバスステーション

時間:1時間に1本はあります。(6:00〜14:00までは確実にあった)

所要時間:約3時間 (休憩1回あり)

金額:上にも記載したけど、バスのタイプによって異なります。
   大きなバス:520ディナール(約1,000円)
   ミニバス:450ディナール(約900円)


バスターミナルはそこまで小さくないので、
チケットオフィスも中にちゃんとあります。

私たちは11:00発に乗ってミニバンでした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【関連リンク】
下記にバスでの移動方法についてまとめています。
値段や時刻表、地図などもできる限り載せていますので、ご参考にどうぞ!



【必見】移動 行き方 まとめ
↑移動、おすすめ宿情報は とりあえず、ここをチェック!!

ソフィアからスコピエへの移動 行き方

オフリド名物のマスを安くお得に食べる方法

オフリドからベラト ティラナ ジロカストラの移動 行き方

ベラトからジロカストラの移動 行き方

ジロカストラからサランダの移動 行き方

ジロカストラ サランダからブルーアイへの移動 行き方

【国境越え】アルバニアからモンテネグロへの移動 行き方
-------------------

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。