スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

我らのクリスマス ~地獄のお風呂~

スポンサーリンク


ごきげんよう。百太です。


2015年12月24日。

我らは7ヵ国目の国。

UAEのドバイに降り立った。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



物価が高い事で有名なドバイ。

23日の早朝。
インドのムンバイからオマーンでトランジット。
オマーン空港で10時間ほど待機し、UAEに着いた。


UAE滞在はたった1日。


物価が高いUAEで、
クリスマスイブとクリスマスだけを過ごし
次の目的地へ向かう。

クリスマスをドバイ!
なんか素敵な響きでしょっ(*‘∀‘)


地下鉄で予約していたホテルを目指す。


ホテル最寄りの駅から歩いていると
インドとは全く違う雰囲気。

とても景色が綺麗に見える。

日本よりも全然綺麗だ。


道が広いからか!?


それにしても綺麗すぎる。



なんでこんなに綺麗に見えるのかと
目力を込め確認すると、、、


電信柱と電線がない( ゚Д゚)


空が綺麗に見えるじゃないですか!!


道行く人も、ものすごく多国籍な顔立ちの人々。
パッと見、日本人に見えるような人もたくさん歩いている。

そのせいか、面倒な客引きや、
意味も無く「チャイニーズ!?ジャパニーズ!?」
と声をかけられる事もない。


あまりの都会にビビりながらホテルに着くと

とっても豪華!



2人部屋なのに、フカフカなダブルベッドが2つもある!
部屋の中にソファとテーブルまである!!
壁には、豪華な額縁に入った絵まで飾られている!!!



それもそのはず。

ここは、一泊
約6000円!!


事前に最安値の宿を探した時
ドミトリーで1人3000円もした。

ドミで3000円!?
2人だから6000円(゚Д゚)

と目を丸くした。

ハンピのドミが200円だった事を、遠い昔のように感じた(笑)



ドミトリーではなく、2人部屋を探すと6000円くらいが最安値。
だけどドミでも2人で6000円なら、個室にしようと選んだ部屋。


高いお金を出してるんだから、
当たり前といえば当たり前だけど。。


久しぶりの綺麗で豪華な部屋に
テンションの上がる我ら。





そして俺がなによりも楽しみにしていたのは



バスタブ(*‘∀‘)♪




何ヶ月、湯船に浸かってなかっただろうか。


日本に居た時は、毎日1時間ほど湯船に浸かっていた。

男としては長い方だと思う。


入浴剤を入れたりして
汗をかきながら湯船の中で、本を読むのが好きだった。

俺はそもそもお風呂が好きなのだ。



旅に出てからは、シャワーばかり。


でも今日は湯船に浸かれる♪


移動で疲れ、そのまま近くを観光してきた俺は
鼻歌混じりで、湯船にお湯を入れる。


服を脱ぎ捨て、
湯船に入ろうとすると違和感を感じた。



久しぶりだからかな。
海外の湯船だからかな。


なにかおかしい。



湯船に足を入れてみると。。。。



冷たい( ;∀;)



気持ち温めてある程度の水温。


違和感の正体が
湯気がない事だと
この時気づいた。


店員さんに確認するも、
普通ですけど!?
みたいな顔をされ。。。。


結果プールのような水温の風呂に入った。
出る頃には身体冷え切ってましたよ。


やっぱりシャワーでいいや!


そう思った6000円ホテルの風呂でした。



ちゃおっ!


~ランキング参加中です~

ちなみに、我らの部屋は3F。
1Fの受付の横にあったトイレの水道から、
熱すぎるほどのお湯が出てきた時は
俺の目から涙が出そうでした(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


※世界一周ボタンor日本ブログ村 をポチっと押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

あらら、これは残念な。そう言えば、逆に日本のお風呂に海外の人は熱すぎて入れ無いって言いますもんね。私も少し熱い位のお湯が大好きな、江戸っ子ジイさんです

passoaさん

>そう言えば、逆に日本のお風呂に海外の人は熱すぎて入れ無いって言いますもんね。

そうなんですか!?
それは知りませんでした( ゚Д゚)

>私も少し熱い位のお湯が大好きな、江戸っ子ジイさんです

同じく(笑)
42度以上はあってほしいですよね!

半身浴でもしたかったんですけど、あまりの寒さに
あっという間に出ました( ;∀;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。