スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

盗難!?~貴重品一式紛失(PC、カメラ、カード、現金,etc)~ 第3話

スポンサーリンク

ごきげんよう!
百太です。

前回の続き。

辺りを探したが、
しょうのバッグを持っている人は、見当たらなかった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




黒い目立たないリュックだが、ピンクの南京錠を付けていた。

見ればわかるはずだ。



だが、しょうのリュックを持っている人は見つからなかった。


とりあえず警察に行かなければ。

バス停の中に、警察署らしい小さな建物があったが
時間が早いからだろうか。
中に人は居なかった。


バス停の係員に聞くと
警察署は歩いて行くには遠い距離にあるようだ。

入れ替わっていたリュックの持ち主が戻ってくるかもしれない。
全員で警察署に行くのは、いまいちだ。


バッグはしょうの物。
中身の詳細も しょう しか知らない。


警察に行くのはしょうだ。


すると体調不良のユウキ君が、
しょうと一緒に警察に行ってくれた。


我らよりも英語が堪能なユウキ君。
ユウキ君自身も、分かっていたんだと思う。

自分が警察に一緒に行って、説明を手伝ったら
スムーズだろう。と。

間違いなく、
バス停で寝転がっていた方が楽だっただろう。

でも当然のように行ってくれた。

本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

入れ替わっていたリュックだけを持ち
しょう と ユウキ君は警察署に向かった。


俺は1人、リュックが入れ替わった
バス停のベンチで待機していた。

インドの警察では、警察署をたらい回しにされたり
なかなか盗難証明書を作成してくれない。

そんな情報は知っていた。

何時間かかるか分からない。


俺は持って来ていた2メートル近くある
ワイヤー付の南京錠で、3人の全ての荷物を
一纏めにし、柱に括り付けた。

ここで再度荷物を取られたら最悪だ。

喉も乾いていたが、トイレに行きたくならないよう
水分も取らずに、辺りを確認しながら
海外旅行保険の冊子を読んでいた。


冊子を読みながらも、内心あまり焦っていなかった。

正直俺はしょうのリュックが
戻ってくる気がしていた。


そう。

入れ替わっていた、しょうのリュックとそっくりなリュック。

その中身を確認し、
顔写真付きの証明書や、
クレジットカードが入っていたから。


つづく。



~ランキング参加中です~
続きを読むにはクリックが必要です。
嘘です(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪


【関連リンク】
海外旅行保険を使い病院で受診する際、知っておくと良い情報【追記あり】
海外から安く国際電話をかけるおすすめの方法

タイのバンコクでインドビザが取れなくなっていた話

【インドビザ取得 inミャンマー前編】これさえ見れば分かる!
【インドビザ取得 inミャンマー 後編】これさえ見れば分かる!

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。