スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

胃袋崩壊! ルアンパバーン。

スポンサーリンク


ヤッホー!しょうです。


旅に出てまだ3ヶ月目。

「旅あるある」かもしれないけれど。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


実質旅を始めて2ヶ月目な私たちだけど、
すでに日本食が恋しい。

と同時に、
日本食の美味しさを痛感中。


「日本食」といっても、
日本でよく食べる「ご飯」のことで、

ジャンクフード
イタリアン
韓国料理
中華料理

も含まれます・・・笑


フィリピンにいる時。

辛い食べ物がなかったので、
辛い韓国料理が食べたくて仕方なかった。


ベトナムにいる時。

フォーのような
さっぱりしたものが多かったので
ジャンクフードが食べたくて仕方なかった。


要は「ないものねだり」。

これは色んなものに置き換えられるのではないでしょうか?


日本にいる時。

例えば仕事中のお昼のなんかに
「食べたいものがない・・・」
なんてよく言ってた。

今はスーパーの弁当すら恋しい。


和民等のチェーン居酒屋によくある
小エビの揚げ物。
あれが300円くらいで食べれるなら
今すぐ食べたい。



前置きが長くなりましたが・・・


今回は、

世界遺産の街「ルアンパバーン」。


ウドムサイを経由し、
ルアンパバーンにやってきました。


※ウドムサイからルアンパバーンへの行き方は
記事の一番最後に記載します!!!


【ルアンパバーン】
ラオス北部に位置する古都。
市街地自体が文化遺産として
ユネスコの世界遺産に登録されている。

by wikipedia


街自体が世界遺産だけあって
街並やメコン川での夕暮れはとても綺麗で。
P9250107.jpg



ただ。
食に飢えていた私たち。


ここは。

本当に。

マズイ。




ご飯が・・・





美味しすぎるーーー(*´∀`*)



初めはここに立ち寄る予定ではなかったけど、

結果的に立ち寄って大正解!!!


今回はルアンパバーンの偏ったグルメ紹介しちゃいますん(*´∀`*)


まず、ルアンパバーン版の「カオソーイ」。
※タイにもあるけど味付けが異なるようです

見た目担々麺。

食べてみると・・・


パクチーが入った担々麺(*´∀`*)


お米から作られた麺に肉味噌。
この肉味噌がまたスパイシーでたまらん!

※スパイシーじゃないのもあります!
でもそれは肉味噌じゃなかった。


2軒食べ歩きました。

1軒目は屋台のカオソーイ屋さん。
P1060289.jpg

1杯:15,000kip(約220円)

ナイトマーケットに出現します。
端っこらへん。
18:00位くらいから営業


2軒目はブログ等でよく紹介されているお店。
美味しいと評判のカオソーイ屋さん。
PicMonkey Collage

DSC00939.jpg

1杯:20,000kip(約300円)

朝7:30から営業。
お昼くらいには売り切れてしまうそうです。


食べてみた感想。

1軒目は男的な味。

2軒目は女性的な上品な味。
辛さも控えめ。
気持ちイタリアン風。

どちらも美味しいので、好みによると思います!


あたしは屋台の方が好みだったなー(*´∀`*)
滞在期間毎日お世話になりました!



ここも昔はフランスの植民地だったということもあり、
パンが美味しい。

食べ歩きクロワッサン♪

そして屋台のサンドウィッチ。
ちょーーーボリューミー♪
IMG_3111.jpg

10,000kip(約150円)


そして、
夜のナイトマーケット。

沢山のお土産屋さん、
飲食店が出現します!
P1060281.jpg


私たちが向かう先はもちろん屋台。笑

炭火で焼いた鶏肉BBQ!!!
大きい焼き鳥みたいなイメージ。
P9250112.jpg
めっちゃうまいっ!!!


食後はシェイク&デザートで!
IMG_3077.jpg
並びがかわいい♪

P9250116.jpg
クレープなのにたこ焼き風笑

IMG_3089.jpg
ココナッツベースのフワフワデザート♪
※ココナッツ苦手だけどこれはうんまかった!



クレープは日本で食べれるから、
日本から旅行する場合にはオススメはしないけど。


ナイトマーケット最高ーーー(*´∀`*)


滞在中、毎日暴飲暴食を繰り返しておりました。


結果・・・
突然の刺激物、
突然の量に胃がビックリしすぎたのか


胃もたれで寝込む(゜∀゜)


胃薬様様です。



マハロ♪


ルアンパバーンまでの行き方は
もうちょっと下にありますん!


~ランキング参加中です~

久々に旅記事!
と思ったらグルメ情報かよっ。
いや、本当に美味しくて感動したので許して!

次回は托鉢について!

これ見て担々麺食べたくなったあなた。
ポチっとお願いします(*´∀`*)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪




【ウドムサイ から ルアンパバーン】
料金:60,000kip(約900円)
時間:8:30 11:00 15:00
種類:ミニバス

私たちは節約の為、
ローカルバスに乗りました!


ウドムサイのバスターミナルに変更が!

ルアンパバーンやビエンチャン行きは
ターミナルが移動しました!
5km程離れたところにあります。

写真をご参考ください!
※網越しに撮ったので見づらくてゴメンナサイ。
IMG_3056.jpg

IMG_3057.jpg

IMG_3058.jpg
※2015年9月現在


このミニバス、
クーラー機能ついてるのに効きません。
暑くて汗ダクです。

そしてぎゅーぎゅー。
IMG_3066.jpg

窓空いてるのでハエや蛾やら蚊が入ってきます。

土の道が多いせいか
砂埃も入ってくるので
顔が汚れたくなければマスクは必須!

そして長袖着てないと虫に刺されます。

あまりの暑さにTシャツ1枚になった百太。
結果的に10ヶ所くらい蚊に刺されてました。。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサードリンク

スポンサーサイト

世界遺産の町。ルアンパバーンの托鉢と朝市見学

スポンサーリンク


ごきげよう。百太です。

さて、今回は、
世界遺産の街、ルアンパバーンで
托鉢(たくはつ)と朝市に行ってきたので
書いてみようと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


いつも通り事前に托鉢を調べてみた。

-----
托鉢(たくはつ、サンスクリット:pindapata)とは、
仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、
信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞う(門付け)
街を歩きながら(連行)又は街の辻に立つ(辻立ち)により、
信者に功徳を積ませる修行。
乞食行(こつじきぎょう)、頭陀行(ずだぎょう)、行乞(ぎょうこつ)とも。
-----
byウィキペディア



そうか。
修行なのか。


見学前にまず思っていたのが
いくら観光で有名となっているとはいえ
絶対に邪魔はしちゃいけない。



逆だったら、

見せ物じゃないんだよ( ゚Д゚)

と感じるだろう。




という事で、今回は遠目から
静かに見学し、静かに写真を撮らせてもらった。



まずは朝5時頃起床し、6時前には、
托鉢が行われると言われている道へ。



すでに信者の人達が、食べ物を用意して待っていた。


待つこと数分。


来たっ!


P9250045.jpg




長い列!

P9250055_2.jpg



こんな感じで食べ物を渡していました。
かなりのスピード!
P9250049.jpg




僧侶が経文を唱えて
皆が地面に水を流す。
P9250061.jpg



我らは静かに遠くから、犬と一緒に見学。
P9250063.jpg




托鉢見学を終え、
すがすがしい気持ちで、そのまま近くの朝市へ。


P9250068.jpg


野菜を売っている


果物も売っている!

P9250070.jpg


お肉も売っている!!

P9250072.jpg


魚も売っている!!!
P9250075.jpg


P9250083.jpg

生きた鶏も売ってる!!!!
そしてビニール袋に入れて持ち帰るようだ

P9250080.jpg


焼いたカエルも売ってる!!!!!

P9250081.jpg


生きたカエルも売ってる!!!!!!

P9250090.jpg


焼いた虫も売ってる!!!!!!!

P9250091.jpg


生きた虫も売っているーーー!!!!!!!!
何匹か脱走してた(笑)


P9250088.jpg

リスとトカゲも売っている
かなりの品ぞろえ&鮮度の朝市でした( ゚Д゚)



ちゃおっ!


~ランキング参加中です~
日本のスーパーもこれくらいの品ぞろえは欲しい!
とおもったあなた!
ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
※世界一周ボタンor日本ブログ村 を押すとランキングページに飛びます。
ランキングページに飛んで、読み込み完了(5秒くらい)すればポイントが付くようです♪

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。