スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

フィリピン留学体験記(CNE1) 百太編

スポンサーリンク

ごきげんよう!百太です。

さて、世界一周旅行前に、フィリピンのCNE1という英語学校に1ヶ月留学すると決めた我ら。

CNE1という学校について書いていきたいと思います。
※我らは1校しか行っていないので他校との比較は出来ませんのであしからずm(__)m
※2015年6月申し込み時の金額と授業数になります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

■概要

・我らは1ヶ月留学で1人約20万円ほど。(授業料、食費、宿泊費、洗濯費含む)
・1人部屋、2人部屋、4人部屋と部屋によって値段が変わります。
・1授業2時間(50分×2)を2授業から4授業選択でき、授業数によって値段が変わります。
 →我らは8月頭から末までの1ヶ月 2人部屋の2授業でした。
・15時から任意参加のフリー授業1時間、19時~もフリー授業(1時間~2時間)がありました。
・1日3食出ます。
・毎日部屋の掃除をしてくれます。
・2日に1回洗濯もしてくれます。
・ミネラルウォーターは飲み放題です。
・大きな学校の敷地入口に警備員がいます。中に生徒が住む棟が3つあり、1棟1棟それぞれの入口にも警備員がいます。
 だいぶ田舎という事もあり、もともとの治安も良いと感じました。
・日曜日に入学、金曜に最後の授業となります。
・卒業時は土曜、日曜(一番早いフライトに合わせる)に空港まで送ってくれます。
 →自分でバスとタクシーで空港まで行く方法も有りです。
・土日を利用し生徒同士や先生(フィリピン人)含めて、泊りがけで出かけたりしていました。
・バスで15分くらいの所に大きなモールがあり、そこで大抵の物が揃います。
→フィリピン全部か分かりませんが、学校周辺は24時間バスが走っていて便利でした
・入学時、長期の人は1ヵ月に1回、また、最終週に1回スピーキングテストがあります。
・途中でもっと長く居たい、と思った人は延長もできます。

■流れ
1、フィリピンのニノイ・アキノ国際空港に到着すると学校関係者がお迎えに来てくれています。
2、同じ日曜入学の同期達と合流し、4,5時間かけて学校へ向かいます。
3、学校で同期達と晩御飯食べて、部屋に案内され日曜は寝ます。
4、月曜日午前は、スピーキングテストを受けレベル測定し、どの授業を選択するか等決めます。
  おれは100点満点中8点でした。。しょうは16点でした。。
  同じくらい出来ないと思っていたのに、倍も違ってショックを受けました(笑)
  そして同期達も「全然できないですよー」と言ってたのに、10人中おれが一番下でした(-_-;)
  一ヶ月居た感じでは60点以上で 日常会話は特に困らなそう
  80点以上で ペラペラという風に見えました。
5、午後は、お金両替して支払ったり、説明受けたりで火曜から授業開始となります。
■授業
授業は基本的にマンツーマンで、フィリピン人の先生が担当してくれます。日本人の先生は居ません。
スピーキングテストの結果を踏まえ、日本人スタッフ(元生徒の方が多数)と教科書を決めていきます。
フィリピン人の英語は若干なまっている!?という話を聞いた事がありますが我ら程度の英語力では、なまっていようといまいと関係ありません(笑)
先生方はTOEICでかなりの高得点を取っている&アメリカの会社で働いていた人なども多いので、あまり関係ないのではないかと思いました。
お金に余裕がある人は、もちろん使いたい国で習うのが一番だと思いますが。

■雰囲気
先生方は陽気に話しかけてくれます。
日本人スタッフも、色々と相談にのってくれます。
警備員、掃除のスタッフも感じの良い人ばかりでした。

また、食事は朝、昼、晩と時間が決まっていて、6人掛けの席で食べるので自然と他の生徒とも仲良くなります。
学校敷地内は基本的(金曜以外)に、飲酒禁止ですが、学校の目の前に飲み屋がありほぼ毎日、先生や生徒が飲んでいます。
金曜はドリンキングパーティーという飲み会があり、先生や他の生徒と仲良くなるきっかけに良かったです。

我らの行った時期は、ちょうど夏休みとかぶっていたので家族連れの方々や、高校生、大学生達とたくさん遊びました。
トランプしたり、人狼ゲームしたり、ドッジボールしたり卓球したり!

IMG_2206.jpg

スポンサーリンク



■感想
まずリピーターの人が非常に多かったです。
おれはCNE1が初の語学留学だったので、もし次、語学留学行くなら別の学校に行ってどんな雰囲気か知りたいと思ってました。

行った時期にもよるかと思いますが、それはそれは楽しく勉強でき休み時間や授業後、休日も本当に充実していました。

高校生や大学生と話すのも、とても刺激を受けたし目上の方や、家族連れの方との話もとても楽しかったです。

火星に人が住めるようにしたい!という明確な夢を持っている高校生に出逢いました。
もうキラッキラして見えました。
住めるようになったら100番目くらいには、おれも連れて行ってとお願いしときました!!

自分は本当はなにをやりたいのか解らない。と悩んでる高校生に出逢いました。
俺も悩んでたなーと懐かしく思いました。
やりたいことが分からないなら、見つけた時に実現できるように、広い視野で居れたらいいな!と思います。
英語なんて、まさにちょうど良いと思いました。
ただブラブラ遊んでた自分の高校時代を思い返すと、夏休みに留学に来ている高校生は間違いなく将来有望だろうと思います(^-^)

発展途上国の力になりたい、そのために勉強しています。という大学生にも会いました。
自分より全然若いけど、とても尊敬しました。

小さな子供連れた家族にも出逢いました。
こんな親になれたら素敵だなーと思いました。
子供達は今は気づかないかも知れないけど、大きくなったらぜひ感謝してください!!
さてさて、人に恵まれ本当に楽しく過ごさせてもらった1ヵ月。
涙涙でお別れしてきました。
最初は他の学校を見てみたいと思ってましたが、きっと我らもリピーターになるでしょう(^-^)

■授業後結果
1ヶ月のマンツーマン授業を受けた我らの結果

百太  8点→22点
しょう 16点→31点

点数若干伸びました♪
初日に受けたテスト時よりは、なにを言っているか聞き取れました。
英語で話かけられる事に抵抗がなくなりました。
マンツーマンなので、これだけ英語で話をしたのは初めてでした。
我らのように、勉強から遠ざかっていると1ヵ月ではあまり伸びませんでしたが勉強まっさかりの高校生や大学生はぐーんと伸びているようでした!

あと留学するなら、海外旅行保険への加入をお勧めします。
クレジットカードの保険でまかなえれば良いですが、長期になると対応していないこともあるので!!

↓留学向け保険
AIUの海外留学保険


ちゃお!


他にも語学留学はたくさんあるようなので、色々と比較して自分にあった学校を~(^-^)
CNE1
↑今回我らが行ったCNE1

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS
↑はフィリピンのセブ島への留学!!1週間73,000円から短期留学も可能らしい!
なによりも、フィリピン政府公式認定って良い響き♪

本気で学ぶならガチ留学
↑もフィリピンのセブ島への留学!!なんと1週間39900円からという格安!
----------



~ランキング参加中です~
飽きっぽい我らw
書き続けるモチベーションの為に、1日1回ポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサーサイト

フィリピン留学体験記(CNE1) しょう編

スポンサーリンク

ヤッホー!しょうです。
↑ダダダ、ダサい

しょうからは授業内容や学校の雰囲気 (&少しビール情報) について 書いてみたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

■授業について

英語がほとんどといっていい程喋れなかった私。
授業は全て英語です。
OMG!!!

「気分はどう?」
「何時に寝たの?/起きたの?」

そういうところから始まった授業。

初めて会ったときは先生の自己紹介も半分くらいしか分からなかったし、 自分の自己紹介もままならなかった。

つくづく、学生時代何やってたんだろうと。
どうも机に向かって勉強するというのが苦手で。

帰国子女たちが羨ましくてしょうがないっ!!!
と言ってももう既に遅し。
喋れないものは喋れないわけで・・・

でも、言いたい単語を並べていくと、 先生は汲み取って一番シンプルかつ優しい文にしてくれるんです。
そこから文法だったり単語だったり学ぶことは沢山あった。

一人の先生は、結構な頻度で数枚の色紙を切って張り合わせた お手紙をよくくれた。
そんなのもらったのって幼稚園ぶりじゃ・・・?
名前までわざわざ切り取ってくれてる!

そういう心遣いや優しさは、結構身に染みてありがたかった。
(っていっても中身はだいたい宿題なんだけどね)

P9050002.jpg

先生からしたら教えるのが仕事だから当たり前なのかもしれないけど、 初歩的なことで分からないことを突っ込んで聞いても、 分かるまで熱心に説明してくれた。

最後には先生手作りのアクセサリーも頂いて。

P9050007.jpg

一言で先生を言うと、みんな熱い!
教えることに熱意を持って取り組んでくれている。
だから私もより頑張ろうって思ったし、頑張らなきゃって思った。

昼間と夜にはフリークラスがあって、これは授業料かかっていないにも関わらず、 生徒より先生の方が積極的に取り組んでいてくれたんじゃないかなって思う。

私は最初たまたまレベルの高い授業に出てしまったことがきっかけで 少し遠のいていた時期があったのだけど、

 『何のために来てるのか、誰のためなのか。』

色んな生徒たちと話していく上で色々考える機会があって、 途中からは毎日出るようにした。

英語喋れないけど、先生気持ちは汲み取ってくれるから、 その分一生懸命になってくれる。

それに加えて、大半の先生と生徒は同じ敷地内に住んでいるから、 分からないことは会えばすぐ聞けたし、 ちょっとした時にも英語で会話することが出来た。

これって、その場にいると気付きにくいかもしれないけど、 ものすごい環境にいたんだなと。

わりとつたない文章で真面目に書いちゃったけど、 本当に感謝の気持ちしかありません。


■雰囲気

学校生活はというと・・・

まず遡ること学校入学前、 マニラ行きの飛行機の中で書くべき申請用紙を書いていなかった私たち。
(完全に寝てた・・・zzz)

用紙をもらうのにてこづり、提出するまでにてこづり・・・
到着してから空港の外出るまでに、軽く1時間位かかってしまった。

そしたら女の子が一人待っているではないか!!!
気づいたときには時すでに遅し。

おそらく1時間近く待たせてしまったでしょう。。。
この場を借りて、あの時は本当にごめんなさい。


流れに身を任せるまま始まった留学生活。
始まってみると、大学のキャンパスのような雰囲気でみんな自由。
空き時間は勉強したり友達と喋ったり。

私が行った時期はちょうど夏休みシーズンだったから、 親子連れから学生から同年代から先輩世代までいーーーっぱい!

特に8月は大学生がいっぱいいて、 わたし30オーバーなオバだし( *´Д⊂ グスン…

大丈夫かなぁとそわそわしていたけど、 心配無用でした!

 『え~~~!!! 31歳には見えな~い♪』

と皆若いながらに大人な対応・・・
本当にありがとう(T_T)💓


本音でも建て前でも嬉しかったです。

もちろん、31歳。
年相応にトランプやドッヂボール、ピンポンパンゲームにバドミントン、 バスケや卓球やダンスまで、幅広く遊びもこなしました♪

大学生の子に「若い・・・」と言われる衝撃。
(あなたの方が10歳も若いのよっ!!!)

またある時は、日本からハンモックを持参した大学生の男の子がいた。
夜、木と木の間に網をひっかけ音楽聞きながら気持ち良さそうに過ごしていた。

 「虫刺されるよ~」
という言葉にも

 「虫除けしてきたんで大丈夫です。」
なかなかの余裕。

後から話を聞くと、 彼はハンモックでくつろいだ後、 部屋に戻り自分の背中を写真撮影しようと必死だったそう。


理由を聞いてみると、

 「背中が何ヶ所か虫に刺されて痒い」

とのことだった。

それ以降、彼はハンモックの下に蚊取り線香を置くようになった。


要は、本当に自由なんです。
敷地内での飲酒は基本的には禁止だけど、 それ以外は特に何をしても何も言われない。

お酒だって敷地出て道路挟んだところにお店があるから、 いつでも飲めます。

ただ・・・その飲み屋さんはほぼビールしかありません
(正確にいうと1種類甘めのお酒あり。)

お酒好きなわたし。
ただ、ビールが苦手。
ビールばかりの飲み屋。

ビール>禁酒


ということで、結構な頻度で飲んでおりました!
(べべべ、勉強もしてましたよ)

ちなみにビール1杯(瓶)40ペソ。
これは日本円にして120円。

安っっ!!!

(多分スーパーとかで買うともっと安い)

あたしはRED HORSE(レッドホース)という
少し度数が高いビールを飲んでいたけど、

RED HORSE

San Miguel(サンミゲル)の方が飲みやすいと人気あった印象。
ライト味やアップル味など、種類も豊富。

San miguel

完全にお酒情報になってしまったので笑、 話を戻すと・・・

日本語会話OKな学校に通ってたので、 色んな人から色んな話を聞くことが出来ました。

高校生ながらに夢に向かっている少年。
将来の夢に悩んでいる女の子。
大学生の就活事情。
海外で就職するために英語を学びに来ている青年。 ヨーロッパ大好きバックパッカー。

発展途上国のために何かしたいと目標を持っている大学生たち。
ワーホリ行った人やこれからワーホリに行こうとしてる人。
世界一周する前にこの学校に出会い、英語を習得しようと頑張っている人。
仕事の夏休みを利用して毎年留学されてる先輩。
親子留学している方のお話もものすごく面白くて。

出会った人はみんな個性的で本当に色んな人から 色んな話を聞けたと思っています。

日本にいたら出会えなかっただろう人たちに出会えて幸せです。

マハロ♪

~ランキング参加中です~
飽きっぽい我らw
書き続けるモチベーションの為に、1日1回
下記ボタンをポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

次回は、留学中の土日を利用して行った フィリピン世界遺産、バナウェ(Banaue)の棚田(Rice Terraces)について 書こうと思います!

----------
CNE1
↑今回私達が行ったCNE1

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS
↑はフィリピン政府公式認定のセブ島への留学!!1週間73,000円から短期留学も可能らしいです!

本気で学ぶならガチ留学
↑もフィリピンのセブ島への留学!!なんと1週間39900円からという格安!
----------

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。